最下層からの成り上がり投資術!
2017年1月31日公開(2017年2月7日更新)
バックナンバー

「最下層からの成り上がり投資術!」

著者・コラム紹介

最下層からの成り上がり投資術!

藤井英敏 ふじい・ひでとし

カブ知恵代表取締役。日興證券、フィスコ等を経て05年にカブ知恵を設立。歯に衣着せぬ語り口が個人投資家に人気。雑誌「ザイ」をはじめ多方面に活躍中。

藤井 英敏

トランプ政策への警戒感から、日本の大型株が下落!
ボックス相場に入った日経平均は「逆張り」で狙い、
上昇トレンド発生中の中小型株は「順張り」で勝負!

 週明け1月30日の東京株式市場は、「弱い大型株・強い中小型株」という構図でした。

 1月30日の日経平均株価は、4日ぶりに反落し、前週末比98.55円安の1万9368.85円でした。

日経平均株価チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 一方、日経ジャスダック平均は反発、終値は同17.59円高の2877.28円と、1月26日に付けた昨年来高値を上回り、2006年1月16日以来、約11年ぶりの高値を付けました。また、東証マザーズ指数の終値は同10.19ポイント高の1001.66ポイントと、2016年7月6日の1010.60ポイント以来、約半年ぶりに1000ポイントを回復しました。

東証マザーズ指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

トランプ大統領の政策の影響で、大型株が下落
逃げ出した短期マネーが中小型株に流入

 大型株が弱かった主因は、1月27日にトランプ米大統領が、米国への入国審査を厳格化するまでシリア難民の受け入れを停止するほか、イランなど7カ国の市民も90日間入国させない、といった内容の大統領令に署名したことです。

 これを受けて、市場ではトランプ大統領の政策が内外に摩擦を生むことへの警戒感が強まり、リスクオフの円高につながりました。そして、この円高が嫌気され、大型株は総じて下落したのです。

 一方、新興市場に代表される小型株は内需系銘柄が多く、円高の影響を受け難いため、短期マネーの逃避先として資金流入が加速したようです。

 また、一部報道によれば、「中小型株のリサーチ力に強みを持つある国内証券では、昨年から欧米の機関投資家の新規顧客が増え始めた。」そうです。緻密な企業調査や分析に基づき、市場平均を上回る運用成果を目指すアクティブ運用を行う海外マネーの流入も、強い小型株の主因と観測されます。

日経平均株価の調整はひと段落するも
「トランプリスク」により楽観ムードは吹き飛ぶ

 ところで、足元の日経平均株価は方向感が出ていません。日経平均株価は1月26日の上昇で25日移動平均線を上回ったため、テクニカル的に見て、調整はいったん終了しました。本来なら、調整期間終了のため、前週末の1月27日終了時点では、上振れが期待できる状況でした。

 しかしながら、前述のトランプ米大統領によるシリア難民の受け入れ停止やイスラム圏7カ国からの入国禁止令を受け、トランプリスクが急激に高まり、楽観ムードは吹き飛びました。

 ですが、国内外の激しい反発を受け、トランプ政権は若干譲歩、妥協をしています。1月29日、入国制限について前日の発表を覆し、永住者は適用を猶予すると強調しました。また、今後90日間で適切な政策を施した全ての国に査証(ビザ)の発給を再開すると発表しました。

 確かに、トランプ政権が、テクノロジー企業が活用している就労ビザプログラムを見直す大統領令を起草していることはリスクであり、今後の「就労ビザ改革」の成り行きは警戒すべきではあります。しかしながら、過度の悲観に傾く必要は、現時点ではないと考えます。なぜなら、今回のように国内外で激しい反発が生じれば、政権は反発軽減を目的に現実路線に軌道修正するとみているからです。

ボックス相場に入った日経平均株価を「逆張り」で狙え!

 日経平均株価については、1月5日の昨年来高値の1万9615.40円と1月18日の1万8650.33円のボックス相場に入っています。どちらかを明確にブレイクするまでは、力強いトレンドの発生はなさそうです。

 ボックス相場が前提なら、投資戦略は「逆張り」です。車のブレーキペダルの遊びというか、アローアンス(許容部分)を200円程度に設定するとすれば、「概ね1万9400円から上は売り、1万8850円から下は買い」というスタンスになります。

 そして、強気・弱気の分水嶺は25日移動平均線で、これより上ならボックス上限を目指し、逆に、下ならボックス下限を目指すとみています。

 なお、ロスカットはショートポジションなら1万9615.40円上抜け、ロングなら1万8650.33円下抜けに設定するべきでしょう。

上昇トレンドの発生している中小型株は、強気の「買い」で

 一方、東証マザーズ指数は、安定的に25日移動平均線(1月30日現在963.38ポイント)を上回り、昨年来高値圏で推移しています。日経ジャスダック平均や東証2部指数も同様です。

 これら中小型株の株価指数は、25日移動平均線を挟んで上下している日経平均株価と違い、中小型株には強い上昇トレンドが発生しています。逆に、日経平均株価は「トレンドレス」です。

 私は、投資の基本はトレンドに乗ることだと思っています。上昇トレンドなら「買い」、下落トレンドなら「空売り」、トレンドレスなら「何もしない」という具合です。

 ただし、一般的な個人投資家は、「損失限定・利益無限」のポジションで勝負した方が賢明と考えていますので、原則的には「空売り」は避けるべきでしょう。例外的に、プット・オプションの買いは「損失限定・利益無限」であり、虎視眈々と買いチャンスを狙ってもよいでしょう。

 となると、現在の局面で手掛けるべきは、上昇トレンドが発生している中小型株であり、投資スタンスは「買い」ということになります。少なくとも、東証マザーズ指数日経ジャスダック平均、そして、東証2部指数が、それぞれの25日移動平均線を割り込むまでは、「強気」でよいとみています。

 なお、小型株投資の醍醐味は、短期での値幅取りです。当然、ボラティリティーは非常に高く、値幅は上下に出ます。このような特性を踏まえ、狙うべき銘柄群は力強い上昇トレンドが発生している「強い銘柄群」です。

 具体的には、足元の売買代金が増加傾向(流動性が高い)で、株価が昨年来高値付近で推移(株価モメンタムが良好)し、上場来高値更新中(青天井相場突入)なら、尚可です。

値動きの激しい中小型株では、徹底したリスク管理を

 一方、この手の銘柄群を売買する場合は、リスク管理を徹底しないと致命的ダメージを被ります。一発逆転、サヨナラ満塁ホームランを狙うかのような、1銘柄集中投資などは避けるべきです。ましてや、「同じ銘柄を現物と信用取引で買う」といういわゆる「2階建て」は、絶対にやってはいけません。現物株の分散投資を心掛けるべきです。

 また、大型株に比べて中小型株はボラティリティーが高いため、投資資金も少額に抑えるべきです。例えば、大型株1銘柄を100万円買う投資家なら、中小型株1銘柄は30万円程度にするべきです。中小型株は大型株に比べて流動性も乏しいし、値動きが激しいため、そうした対応が必要です。

 また、ご自身の設定したロスカットルールは、厳密に行うべきです。中小型株は人気化すると「昇り竜」のように急騰しますが、人気が離散すると「急激なナイアガラ」が発生しますから。

「5日移動平均線」からの剥離率を注視しながら
逆指値で撤退ラインを設定しておこう

 ちなみに、多くのナイアガラは「5日移動平均線からのプラスの乖離率が異常に拡大した局面」と「株価が下落し5日移動平均線を割り込んだ局面」とで発生します。

 戦略的には、5日移動平均線を上回って推移している銘柄は、高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する機能を追加した自動売買である「トレーリングストップ」や、株価が指定した条件になれば指値もしくは成行で発注する「逆指値(自動売買)」を活用すればよいでしょう。

 なお、株価が5日移動平均線を下回っている「弱い」中小型株は、基本「アンタッチャブル」です。私は、あくまでも「強い」中小型株だけを売買対象にするべきだと考えます。
 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年2月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2288本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円
1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められる。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと 1日定額 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 797円/日

(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、投資信託を除けば、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 955本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2371本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。
「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

 

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事

 

Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株&10万円株
毎月分配投信大分析
老後資金1億円の罠

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【付録:ふるさと納税「定番」特産品ランキング】
守り高配当株攻め10万円株
●これからの銘柄選び投資配分の仕方
好調3投資信託に学ぶ負けない銘柄の選び方
●2016年の株式市場に学ぶ買いのタイミング
●守りの「株価も安定高配当株18」
●攻めの「自力で好調10万円株18」
●攻めの「景気に連動10万円株16」
毎月分配型投資信託の利回り&分配健全度
日本郵政マクドナルドの株大量売却報道に迫る
●プロが診断!読者の塩漬け株メッタ斬り
トランプでどうなる!? 米国株大予測
●投資信託の分散投資の正しい組み合わせ
老後資金1億円は本当に必要なのか!?
保険料通信費のガッツリ削減テク

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!