ネット証券会社比較
【第82回】 2013年3月25日公開(2016年9月23日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

ネット証券会社比較

本当におすすめのネット証券会社をザイ編集部が徹底比較!さらにネット証券の各手数料や取引ツールなどでも比較、人気のランキングも紹介。ネット証券の口座開設キャンペーンなどもお得情報や、新しい金融商品の紹介記事など、さまざまな切り口からネット証券会社のお得情報をお伝えします。気になったネット証券会社の口座開設(いずれも無料)もすぐに申し込めます!

ザイ・オンライン編集部

相場上昇中の今が狙い目!
「株365」で配当をもらいながら長期投資という戦術

「CFD…短期売買向けのハイリスク金融商品」というイメージを持つ人もいるかもしれない。確かにCFDでは証拠金を預けることでレバレッジを効かせた取引が可能だ。一方で長期で配当をもらいながらじっくり保有できる性質を併せ持つ点をご存じだろうか。

 折しも3月末の配当取りの時期が近づいている。今回は株や先物では真似できないCFDによる長期投資のメリットについて紹介しよう。

 ここで紹介するのは、「株365」と呼ばれる東京金融取引所が2010年に開始した比較的新しいCFD商品だ。「株365」では、株価指数(日経225、独DAX、英FTSE100、中国FTSE25)についてすべて円建てで取引ができる

 株365の日経225では、証拠金3万3000円を預けると、実質約124万円(日経平均の100倍の金額)の取引ができる(3月19日時点)。最大レバレッジは38倍にもなる。ただし、それは証拠金を3万3000円しか預けなかった場合の話だ。実質取引する金額と同額の124万円の証拠金を預けた場合、レバレッジは1倍、現物の日経225ETFを買った場合とリスクは同程度に軽減できる。

 つまり、株365は、ハイリスクな短期売買、ローリスクな長期投資、どちらにも利用できる金融商品と言える。

株365と他の金融商品の違いは何か?

 「日経平均を取引する」という意味では、日経225のETFや先物と似ている。「配当をもらいながら長期投資」という観点から株365と他商品のメリット・デメリットを比較してみよう。

◆株365と「現物株取引」の比較

 金利がかからない点、銘柄の種類が多い点では現物株が有利。ただし、株365の金利は0.05%(2012年12月時点)前後ととても低い。また、長期投資でも低レバレッジをかけることで配当額を倍増できる。

 個別株の場合は倒産リスクがあるが、株365では倒産の心配がない。投資家が預けた証拠金は、原則的に全額保護されている。

◆株365と「信用取引」との比較

 制度信用取引で買い建てると、2%程度の金利がかかるため、配当相当額と相殺されてしまう。また、決済期限が6カ月と限られている。一般信用取引では決済期限が無期限でも、買い方金利は3%前後と制度信用より高く、「配当狙い」の長期投資はできない。

◆株365と「先物取引」との比較

 証拠金取引という意味では、株365の日経225は、先物取引の日経225miniと似ている。ただし、先物には配当自体がなく、3カ月ごとに決済期限が来るので短期売買向けの商品と言える。一方、株365で買い建てた場合、配当相当額が受け取れる(売り建てた場合は配当相当額を支払う)し、取引期限もない。

 取引手数料は若干先物の方が安いが、たまにしか取引しない長期投資という観点からすれば、1枚あたり約50円(先物)と約150円(株365)は、正直、大した差ではない。

株365の配当はどれぐらいもらえる?

 株365の配当と金利の2012年実績を示したのが下の図だ。日経225で1年間の配当から金利を引いた額が2万10円だった。昨年3月の配当相当額は8852円だったが、今年の3月末の配当予想は9206円(岡三オンライン証券計算による)と昨年よりも上昇が予想されている。下図を見れば、金利相当額は配当相当額に比べて、ずっと安いことがわかるだろう(注:下図は過去の実績であり、将来もこのとおりになる保証はない。また、金利相当額の支払いが配当相当額の受取りを上回る場合もある)。

東京金融取引所作成、岡三オンライン証券「株365入門セミナー」資料より。

 権利付き最終売買日に買い建て玉を持ち越せば配当がもらえる点は株と同様だが、株365では株よりも配当が素早く受け取れる。受け取りは、権利付き最終日の翌日だ。株のように2、3カ月も待たされることはない。

 ただし、株と同様に「配当落ち」もある。たとえば、昨年3月は8852円の配当が出たが、この場合、日経225は配当落ちで翌日は基準価額が88円分安く調整された。

 なお、権利付き最終売買日は、現物株と同様に、その月の最終営業日を含めた4営業日前となる。今年の3月末なら26日が権利付き最終日だ。実質は3月27日(水)の早朝5時まで保有していると、配当が取れる。

 なお、東京金融取引所のホームページには、「権利付き最終日(配当)カレンダー」が掲載されており、日経225ほか、各商品の配当が取れる日が確認できる。また、配当相当額や金利相当額も東京金融取引所の「ウィークリーレポート」に掲載されている。

配当取りの投資戦術

 前述のとおり、株365の配当は株と同様に基準価額の配当落ちがあるため、理論上の配当利益はチャラと考えられる。ただし、配当落ち分をすぐに埋め合わせるほど相場が好調ならば、配当金額がもうかる。つまり、昨今の上昇相場が持続するならば、低コストで好配当がもらえる株365の長期保有は一考の価値があると言える。

 ところで、先ほど「120万円の証拠金を預ければレバレッジはほぼ1倍」と説明したが、120万円の証拠金で株365を2枚買えば配当は2倍になる。これが現物株にはできないレバレッジ効果の魅力だ。

 そこで「3万3000円の証拠金で1枚買い建てて年間2万円の配当がもらえたら、実質配当利回りは60%になる」と考える人もいるかもしれない。

 その場合は、約38倍の最大レバレッジがかかる。日経平均が100円動けば実質1万円が動くが、最近では日に200円、300円と動くこともある。たった3万3000円の証拠金では、1年どころか数日で吹き飛んでしまいかねない

・証拠金少なめ・高レバレッジ=値幅狙いの短期売買
・証拠金多め・低レバレッジ=値幅と配当狙いの長期投資

 という使い分けが必要だ。長期で保有したい場合は、実質取引する金額と同じぐらいの証拠金を預け、レバレッジは1倍、2倍程度の低レバレッジにしておいた方が無難だ。

 実際に何枚建てにするかを決める場合は、レバレッジで考えるより、動く値幅で考えるとわかりやすい。1枚建ての場合、100円動けば実質1万円が動く。2枚建てならば倍の2万円が動く。自分の資金から考えて何万円の損失まで耐えられるかを考えてみればいい。

 配当取りには、いろいろな投資戦略がある。たとえば、株価が安い頃(配当落ちの後や配当取りの数ヶ月前など)に買い建てておけば、値上がり益と配当の両方が狙える。配当権利取り日にもしも株価が高騰したら配当落ちの前に利食ってもいいかもしれない。

 配当がもらえる月にも注目だ。上の図によれば、日経225は3月と9月の配当が多いが、FTSE中国25では、5月から9月にかけて毎月配当が多い。

 株365が取引できる証券会社は、岡三オンライン証券カブドットコム証券マネックス証券他。現在、各社では新規に口座開設し3枚以上取引すると現金3000円がもらえるキャンペーンが行われている。この機会に口座開設してみてはいかがだろうか(キャンペーンの詳細については、各社のホームページなどでご確認を)。

(取材・文/久保田正伸)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

【2016年12月時点・最新情報】
◆【ネット証券会社おすすめ比較!】
手数料、取引ツールetc.で比較!おすすめネット証券はココだ!

株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆楽天証券
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気ランキング!楽天証券の詳細情報はこちら!
【楽天証券のメリット】
2016年5月に手数料を大幅改定
し、ネット証券でも格安レベルでお得な「超割コース」が誕生! 約定代金が安くても高くても、割安な手数料で売買できるようになった。この「超割コース」のほか、「ワンショットコース」「いちにち定額コース」もあり、自分の売買高に応じてお得な料金コースを選べるのも魅力。また、取引はもちろん、ニュース、投資情報、入出金などに使えるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。「日経テレコン」では日経新聞の記事も無料で購読が可能。さらに、国内外の多彩な商品揃えも特長で、投資信託が2000本以上米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので長期的な分散投資にも便利。投資に役立つメールサービス「マーケットアロー」や毎日読める投資レポート&コラムは、投資の知力アップにおすすめだ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
楽天証券の公式サイトはこちら
 ◆松井証券
0円
(一日定額制の場合)
300円
(一日定額制の場合)
500円
(一日定額制の場合)
証券会社(ネット証券)おすすめ人気ランキング!松井証券の詳細情報はこちら!
【松井証券のメリット】
松井証券のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば手数料が無料になる点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。「顧客満足度調査」で第1位を獲得しており、取引ツール「ネットストックハイスピード」の利便性などは折り紙つき。チャートの形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」をより利用しているという株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業のデイトレーダーでも利便性が高いサービスが充実しているので、初心者以外にもおすすめ!
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
 ◆カブドットコム証券
90円 250円 250円
ネット証券比較!人気ランキング!カブドットコム証券の詳細情報はこちら!
【カブドットコム証券のメリット】
口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められるのが魅力。「リスク管理追求型サービス」として、逆指値やトレーリングストップなど、自動売買ができる。リスクを抑えつつ、利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ!一方、短期売買に役立つのが板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」だ。「リアルタイム株価予測」を備え、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する。三菱UFJフィナンシャル・グループである点も強み。同グループ関連の指定のETFは、手数料無料の「フリーETF」として、低コストな分散投資に役立つ。その他、スクリーニングツール「kabuナビ」、アナリストレポートは、自分なりに旬の銘柄を探したい人に役立つ。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券おすすめのポイントはココだ!】無料の「フリーETF」や 最強銘柄選びツールの賢い使い方とは?
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆GMOクリック証券
88円 241円 241円
ネット証券比較!人気ランキング!GMOクリック証券の詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
株式売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、株主優待名人・桐谷広人さんも利用している人気の証券会社。近年は各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、ネット証券で上位5社に食い込むほど急成している。本格派のトレードツール「スーパーはっちゅう君」は株と先物取引の両方に利用できる優れもの。また、商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFD(差金決済取引)まである充実ぶり。CFDでは「日本225」「原油」「米国30」ほか、株式指数、商品(コモディティ)指数、人気の外国株など多彩な取引ができるので、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできて便利だ。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は?手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!~桐谷広人さんの「ネット証券口座事情」~
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
GMOクリック証券の公式サイトはこちら
 ◆マネックス証券
100円 250円 450円
ネット証券比較!人気ランキング!マネックス証券の詳細情報はこちら!
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
 ◆SBI証券
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気ランキング!SBI証券の詳細情報はこちら!
【SBI証券のメリット】
証券口座開設数300万超はネット証券で1位。そもそも手数料の安さが人気の理由だったが、安いだけでなく、大手ならではの他社に秀でたサービスにも注目したい。たとえば、投資信託の取り扱いは2000本超でダントツ。IPOの取扱いもネット証券で1位。PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合がある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には必須の証券会社と言えるだろう。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SBI証券の公式サイトはこちら
*1 松井証券の手数料は一日定額制の場合 ※手数料は各社とも税抜

 

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!