ダイヤモンドZAi最新記事
2014年7月13日公開(2016年2月19日更新)
バックナンバー

「ダイヤモンドZAi最新記事」

著者・コラム紹介

ダイヤモンドZAi最新記事

【ダイヤモンド・ザイ最新号】(3月21日発売!)
隠れ割安株66/人気株500激辛診断/長期優遇の優待株

まだ買える!トランプ相場の上昇株ベスト18
円安メリット株の  想定ドル円レート 一覧
・長期で狙う!連続増収増益株ランキング
・長期で狙う!連続増配株ランキング
・売り・買いをズバリ! 人気株500診断 
・  買いの10万円株  高配当株  優待株 
 

めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイZAiが作った今年こそ!お金持ち入門
めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイZAiが作った今年こそ!お金持ち入門


【最大30%OFF!】今だけお得な『定期購読』のご案内!⇒

ザイ編集部

NYダウはついに1万7000ドルを突破!
日本人も少額から買える身近な米国株を買え

現地時間の7月3日、NYダウがついに1万7000ドルを突破した。米国株と聞いてちょっと遠い存在と思っているなら、それは全くの誤解。米国株には日本人にも身近な商品やサービスに関わる銘柄があふれている。今回は米国株の魅力に迫ってみよう。

日本人にとっても日本企業より
身近な有力企業が名を連ねる!

 世界中の国々に株式市場はあるが、日本人にとって日本市場に次いで、身近で投資しやすいのが、米国のニューヨーク(NY)市場だ。いや、誤解を恐れずに言えば、日本市場に上場している企業よりも、NY市場に上場している企業のほうが、実は日本人にとって身近な存在となっていることも多い。

 実際にNY市場に上場している米国企業を眺めると、コカ・コーラナイキP&Gウォルト・ディズニーなど、日本人でもよく知っている企業があふれている。しかもすべての銘柄が1株単位で買えるため、数千円程度から買えるのだ。

 名投資家として世界的に有名なウォーレン・バフェットは、株式投資のキホンは「自分がよく知っている企業の株を買うこと」と言う。つまり、バフェットに倣うなら、日本人も日本企業に縛られるのではなく、日本人にも身近でビジネスがわかりやすいNY市場に上場している米国企業も視野に入れるべきなのだ。

世界的な米国企業で働くことは
できなくても株での投資はできる!

 NY証券取引所は世界で最も上場するための審査基準が厳しい。この基準をクリアしている企業は現在約2400社。日本の証券取引所に上場している約3500社と比べても、その数はけっして多いとは言えない。それほど上場基準が厳しいのだ。

 ちなみに、NY証券取引所に上場している日本企業はと言えば、1970年に日本企業第1号として上場したソニー(6758)をはじめ、トヨタ自動車(7203)ホンダ(7267)キヤノン(7751)NTT(9432)野村ホールディングス(8604)などがあるが、合計でも20社に満たない状況だ。

 このように上場自体が世界の優良企業の証とも言えるNY証券取引所。日本人がNY証券取引所の上場企業で社員として働くのは、言葉や勤務地の壁もあってカンタンなことではない。しかし、こうした企業の成長を対価として受け取る株式投資なら、株主になることで値上がり益や配当が得られるのだ。

 しかも、今では日本からでもネットでカンタンに米国株が買える。日本人も世界の優良企業の株主になれるのだ。

マネックス証券【証券情報⇒マネックス証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】 プログラムトレードができる高機能無料ツール「マネックストレーダー」、リスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」、日本株や先物取引についてロボットの投信判断を日々配信する「マネックスシグナル」などユニークなサービスを展開する大手ネット証券。投資信託も1000円から積立ができる。
【関連記事】【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★★ マネックス証券のチャート等の情報が豊富で見やすい。オンラインセミナーも充実している。社長やストラテジストの顔も見えるので好感が持てる。(30代・女性)

 

 では、NY証券取引所に上場している有名企業を紹介しよう。ちなみにティッカーシンボルは、日本のコード番号にあたる。

【01】コカ・コーラ(THE COCA-COLA CO.)
・ティッカーシンボルKO/株価40.91ドル

★サッカーW杯の公式飲料でも有名!
1917年に設立された老舗飲料メーカー。世界の名投資家ウォーレン・バフェットも長期保有を継続中。50年連続増配を続ける安定成長企業。

【02】ナイキ(NIKE INC.)
・ティッカーシンボルNKE/株価76.67ドル

★先進的なデザインでヒット商品が続々!
世界190カ国以上でスポーツ用品を販売。自社工場を持たないことなどで利益率が高いのが特長。今後はウエアラブル商品にも注力へ。

【03】 P&G(PROCTER & GAMBLE CO.)
・ティッカーシンボルPG/株価 80.09ドル

★日本人も納得の品質の高さが強み!
洗剤やヘアケア製品を販売する世界的な消費材メーカー。米国ナンバーワンの58年連続増配を続ける。役員の約半分を女性が占めている。

【04】ウォルト・ディズニー(THE WALT DISNEY CO.)
・ティッカーシンボルDIS/株価85.48ドル

★「アナと雪の女王」が世界で大ヒット中!
15年には上海ディズニーランドの開業や「スター・ウォーズ」の新作公開など話題が豊富。今年は「アナと雪の女王」が大ヒット中。

【05】アメリカン・エキスプレス(AMERICAN EXPRESS CO.)
・ティッカーシンボルAXP/株価95.57ドル

★カード電子決済の米国トップ企業!
世界で電子決済サービスを展開。ネットでの取引増加で、16年にはクレジットカードなどの電子決済が2000兆円を超えるという試算もプラスに。

日本でも世界でも今後の経済成長を
牽引するのはネット企業に!

 世界の優良企業がひしめくニューヨーク市場とは異なり、規模はまだ小さいが成長力に富んだ新興の企業が多く集まっているのがナスダック市場。

 このあと紹介するナスダック市場への上場企業を眺めてみても、日本でも名高いそうそうたるネット関連企業が名を連ねている。

 その代表とも言えるのが、フェイスブック。わずか約1年前に上場したばかりの新興企業だが、その時価総額は日本円にして約16兆円にもなる超大型株となっている。アップルアマゾンヤフーなどは説明の必要もないだろう。シアトルに本社があるスターバックスもしかりだ。

 こうした成長著しい新興企業が次々と出てくるのも米国株の魅力の一つで、日本人も大きな恩恵を受けている、これからの生活を変える世界的な新商品やサービスを展開する企業の株主になるのも大いに夢がある。

 ナスダックには数多くの次世代のスター企業があふれている。その一例を紹介しよう。

【06】アップル(APPLE INC.)
・ティッカーシンボルAAPL/株価93.70ドル

☆iPhoneの販売台数は累計5億台を突破!
07年に発売された「iPhone」は累計販売台数が5億台を突破。「iPad」などのタブレット端末も好調。今後は「iWatch」などの新製品への期待も。

【07】アマゾン(AMAZON.COM INC.)
・ティッカーシンボルAMZN/株価327.50ドル

☆書籍から家電までネットで販売!
ネットで書籍をはじめ、電化製品、衣類などを販売。電子ブックリーダーの「Kindle」も普及し、電子書籍も好調。商品管理や物流システムなどが強み。

【08】グーグル(GOOGLE INC.)
・ティッカーシンボルGOOGL/株価570.73ドル)

☆人類が使うすべての情報を収集&整理!
検索エンジンサービスをはじめ、クラウド・コンピューティング、モバイルデバイスを提供。近年は自動運転技術、ロボットなどあらゆる方面に進出。

【09】フェイスブック(FACEBOOK INC.)
・ティッカーシンボルFB/株価62.88ドル

☆ユーザーは世界で10億人を突破!
創業者がハーバード大学で始めたソーシャルネットワークサービスが、世界に広がり、ユーザー数は約13億人に。すでに時価総額は16兆円を超えた。

【10】コストコ・ホールセール(COSTCO WHOLESALE CORP.)
・ティッカーシンボルCOST/株価117.78ドル

☆倉庫型の小売店を世界で展開!
会員制のディスカウント倉庫型小売店を北米を中心に世界で展開。典型的な平均面積は約14万3000平方フィートと店舗はとにかく巨大。

夜から早朝にかけてリアルタイムで売買!
日本人ならではのメリットもある!

 さて、ここからは具体的な売買について話を進めてみよう。実は、日本人だからこそ、米国株への投資で受けられるメリットがある。

 まずは、取引時間が日本時間の夜から朝にかけてなので売買がしやすい点。日本株の場合、取引時間が9~15時と、リアルタイムでの売買が難しい人も多いだろう。その点、米国株なら、ニューヨーク市場の現地取引時間が9時30分~16時なので、日本時間の22時30分~翌朝5時(※1)にあたり、仕事が終わった夜の取引が可能。ネット証券の中でマネックス証券だけが、時間外取引が可能で、21時~翌朝9時(※2)と、取引がしやすい。

 さらに、米国株なら為替差益が上乗せになることも。日本では安倍政権誕生以降、金融緩和政策が実行され、当分は継続される見通し。一方で、金融緩和が08年に開始された米国では、失業率の低下や企業業績の好調など明るい材料が見られ、金融緩和の縮小と金利上昇が見込まれている。今後は日米間の金融政策の違いから、円安ドル高で為替差益を受けられる可能性が高まっている。

 もし、米国株を売却したいが、ドル高は続きそうだなと思ったら、株を売っても、米ドルで保有してさらなる為替差益を狙うのも可能だ。

※1 11月第2月曜~3月第2土曜の冬時間は23時30分~翌朝6時
※2 冬時間・22時~翌朝10時

米国株は少額から取引が可能で
取引もしやすく配当も年4回!

 米国株と日本株の違いを大きく分けると「注文方法」と「決算」の2つ。しかも、米国株には、日本株よりも投資しやすい点もある。

 日本株には単元株制度があり、1000円の株価でも、取引単位が100株なら、10万円からの売買になる。一方で米国株は株価イコール最低取引価格。つまり、10ドルの株なら、10ドルから購入できる。米国株が取引できるネット証券(マネックス証券楽天証券SBI証券)では1株単位からの取引が可能だ。 

SBI証券【詳細情報⇒SBI証券の紹介ページ
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気のSBI証券の公式サイトはこちら!
【SBI証券のメリット】  
口座開設数300万超はネット証券で1位。手数料も最安値水準。株主優待情報やチャート、投資情報も充実。有料トレードツール「HYPER SBI」は、月に現物株取引1回以上、または信用口座か先物・オプション口座を開設していれば無料で利用可能。ネット証券では珍しくリアル店舗も有する。住信SBIネット銀行と連携したサービスも展開する。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★★SBI証券の「株主優待検索」が便利です。確定拠出年金の運用でも使っています。(40代・男性)

 

 また、日本株の最低投資金額は、10万~20万円が多いのに対し、米国株は100ドル以下が多く、少額からの投資ができる。

 さらに、日本株は4ケタの数字で管理されており、覚えにくいが、米国株の場合はアップルは「AAPL」など、その社名に由来するアルファベットが割り振られている。

 米国株取引は米ドルでの取引になるので、米ドルへの為替転換が必要。これには為替手数料がかかるが、これは最初にかかるだけで、その後米ドルで売買しているうちはかからない。

 ここまで、米国株の魅力を紹介してきたが、なんといっても米国株は50年以上にわたり右肩上がりが続いていることがスゴイ。アナタも日本株だけでなく、50年以上連続増配中のP&Gや新興のグーグルフェイスブックなど世界で活躍する身近な米国企業の株主になってみてはいかが。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年3月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2288本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められる。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、投資信託を除けば、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 955本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2371本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

隠れ割安株ベスト66
人気株500激辛診断
長期優遇の優待株34

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【まだ買える!トランプ相場の上昇株ベスト18】
円安メリット株想定ドル円レート一覧
・長期で狙う!連続増収増益株ランキング
・長期で狙う!連続増配株ランキング
・売り・買いをズバリ!人気株500診断
・買いの10万円株高配当株優待株21
失敗しない投資の鉄則7カ条
・元本保証のネット定期&個人向け国債
・不透明な世界に備える金への投資
・積み立てがベスト!増やす株式型投信
・利回りを欲張らない!健全分配型投信
長期優遇あり株主優待株ベスト34
上場全3629銘柄最新理論株価
最高3%退職金専用定期利回り比較
別冊付録・相続&贈与などの節税ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!