ネット証券会社比較
2014年1月31日 久保田正伸

盛り上がるETF人気の中で登場した
ETF銘柄探しツールの最新性能を検証してみた!

話題の「JPX日経インデックス400」にも投資できる!

2013年12月のETF(上場投資信託)・ETN(上場投資証券)市場は、月間売買代金が約2.8兆円、1日平均売買代金が約1400億円となり、過去最高を更新した。12月末現在、ETFは147銘柄、ETNは22銘柄あり、毎月のように新銘柄が上場している状況だ。銘柄数が増えればチャンスが増えるが、一方で銘柄選びが困難になる。そこで、今回は、ETFの最新事情と、松井証券が1月にリリースしたばかりの投資情報ツール「上場投信ガイド」を紹介しよう。

売買代金の半分を独占する大人気ETFがあった

 そもそもETFやETNとは、さまざまな指数に連動する特徴がある。代表的なのは日経平均やTOPIXに連動するETFだ。値動きが一般人にもなじみ深い日経平均なら「投資がしやすい」と感じる人も多いはずだ。

 その他にもメリットが多い。株式市場で株と同様に取引ができる、海外株式指数・業種別指数・債券・商品(コモディティ)・不動産などに、東京証券取引所を通じて手軽に投資できる、低コスト、1銘柄で分散投資効果がある、倒産リスクがない………。

 中でも「NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」(1570)の人気は高く、ETF市場全体の売買代金の半分強を占める。このETFは「レバレッジ型」と呼ばれるタイプで、日々の騰落率が日経平均株価の2倍の値動きをする「日経平均レバレッジ・インデックス」という指標に連動する。その他、オーソドックスな日経225型やTOPIX型も売買代金を伸ばしている。

 最近では、米国指標に連動するETFも上場した。たとえば、米国の高配当株に連動するETF(1589)も上場しており、配当狙いの長期投資なら、選択肢になりそう。また、今年から算出がはじまった話題の新株価指数「JPX日経インデックス400」に連動するETFは、1月末に2銘柄が上場し、2月にも1銘柄が上場する(下の表参照)。

分配金利回りがもっとも高いETF

 「なるべく分配金の高いETFに投資したい」。そんな時に簡単に銘柄が探し出せるツールがある。松井証券が1月から提供を始めた新ツール「上場投信ガイド」【図1】なら、さまざまなETF選びが可能だ。このツールは、同社に口座を持っていれば無料で利用できる。

【図1】ETFを投資対象のジャンルで分けたり、利回りやリターン、売買代金などで並び替えたりできる。
拡大画像表示

 「上場投信ガイド」のトップページを見れば、どんなタイプのETFがあるかがわかる。たとえば、日経225型を選んでみよう。その中でも10銘柄がある。一覧表では、銘柄の並び替えが可能だ。

 分配金利回りが高い銘柄、売買代金が大きな銘柄、時価総額が大きな銘柄、過去6カ月リターンなどで並び替えて、お好みの銘柄を見つけられる。【図2】ではETF全銘柄で分配金の高い順番に並び替えてみた。さらに銘柄名をクリックすれば、チャートや適時開示情報といった詳細情報も見られる。

【図2】全銘柄を分配金利回りの高い順に並び替えてみた。表を見ながら、利回りが高く、売買代金もある程度大きい銘柄といった感じで選べる。* 1月21日時点
拡大画像表示

長期投資にはETFをどう組み合わせる?

 ETFを長期的な投資に役立てたいと考えるなら、複数のETFを組み合わせて分散効果を狙う手がある。「上場投信ガイド」では、その組み合わせ例が示されている。

 その例とは、日本株式型、世界株式型(1)(2)、3資産分散型(1)(2)、世界バランス型の6種類だ。たとえば、3資産分散型(2)を見ると、金、株式、不動産に投資する3つのETFが選ばれている。分散効果が狙える銘柄が組み合わされている【図3】。

【図3】チャートを見ると、株式型と金のETFの値動きが、まるで異なることがわかる。
拡大画像表示

 この機能では、「リスクリターンマップ」も便利なので紹介しておこう。このマップを見れば、株式、金、不動産の中で、「過去に金がもっともローリスクローリターンだった」ことがわかる【図4】。その他の「組み合わせ例」も見ていくと、リスク対策やリターン狙いには、どんなETFを使えばいいかが見えてくるだろう。

【図4】組み合わせ例の銘柄について、過去6カ月、1年、3年、5年のリスクとリターンの関係がマップ表示される。
拡大画像表示

 国内のみならず、米国株指数、金や原油など、ETF・ETNを利用すれば、誰もが低コストでお手軽にグローバル投資が可能だ。投資情報ツールを上手に活用して、銘柄を選んでいただきたい。

松井証券【詳細情報⇒松井証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
0円 300円 500円
ネット証券比較!人気の松井証券の公式サイトはこちら!
【松井証券の特長】
他社にない個々のサービスは、目的を持って取引をする投資家にとって利用価値が高い。たとえば、現物株の手数料は一日定額制の場合、10万円以下は無料。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」なども。多くの証券会社で不可能な一般信用取引の新規売建が幅広い銘柄で利用できる。また、各種特殊注文機能、無料トレードツール「ネットストックハイスピード」もあり、トレード積極派に役立つサービスやツールが充実している。投資情報では、他社では有料の「QUICKリサーチネット」が無料。チャートの形状から銘柄検索ができる「チャートフォリオ」、テーマ株探しに役立つ「ニュースファインダー」など、今が旬の銘柄を自分で探したい人にもおすすめ。
【関連記事】【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円(無料)!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
松井証券の口座開設はこちら!