今期13店舗の改装を実施
売上アップ着々

10年10月に改装オープンした「そうてつローゼン港南台店」。相鉄ローゼンの売上げ2番店で、改装後の年商は、改装前の7~8%増の50億円を見込む

── 一方、店舗戦略としては、10年10月改装オープンの港南台店をはじめ、店舗改装を積極的に推進しています。

伊藤 なかなか新規出店できる環境が整いませんから、店舗改装を急ピッチで進めています。09年4月以降では23店舗の改装を実施済みで、10年度は、すでに改装済みの店も含め、13店舗を改装しました。港南台店では改装前に比べて7~8%の売上増を見込んでいますが、多くの店で改装による売上アップに成功しています。

──改装のポイントは何ですか?

伊藤 まずはお客さま目線の売場づくりです。次に全面的な売場改装をすると投資コストが膨大にかかるので、店内レイアウトの見直しやゾーニングの変更を行い、できるだけ低い投資で最大のリターンが得られるように工夫しています。たとえば当社の店には、店舗規模と比べて過剰な面積のサービスカウンターを設けている店がいくつもありました。

 そこでサービスカウンターの規模を適正化し、それによって得られたスペースを催事コーナーに転換しました。人員もレジのチェッカー業務と兼任することで人時を効率的に減らすなどして、新たな売場スペースのねん出と売場運営人員の削減の両立を実現しました。

──知恵を絞って、売上拡大に向けた改装をしているわけですね。店舗改装の一方で、不採算店舗の閉鎖はひと段落したのでしょうか?

伊藤 賃貸借契約の満了に基づいて、10年度上期に「川崎パレール店」、下期に「用田店」を計画どおりに閉鎖しました。今後も賃貸借契約の条件等を勘案しながら、各店ごとの状況に応じて判断していきます。

──新規出店はいかにして進めていきますか。

伊藤 新店を出店すると社内の士気も高まりますから、その意味でも新規出店はしていきたいです。出店エリアは基本的に相鉄線沿線の駅前や駅ナカを模索していきます。たとえば東急東横線とJR線と相互直通運転を開始するに当たり、新たな駅舎の建設や改装が行われます。その際に駅ナカへの出店ができるよう、相鉄HDに働きかけをしています。まだ具体的な案件はありませんが、できる限り早く実現したいと思います。

 今後の新店の店舗面積については、駅前や駅周辺の物件の場合は300坪を標準規模に考えていますが、駅ナカ物件の場合は70~100坪ぐらいのコンパクトな店舗になるでしょう。そういった小型店の場合も、きっちりと生鮮4品を品揃えし、お客さまに便利に使っていただける店づくりを行います。当然、店内に生鮮品の加工場を設置することはできませんから、近隣店舗で加工した生鮮品を運び入れたり、アウトパック対応で品揃えすることになるでしょう。具体的にどのようにして駅ナカ店舗を実現するかは今後、社内で検討を進めていきたいです。


「チェーンストアエイジ」2月1日号 好評発売中!

ディスカウンターの勢力拡大や競合店の進出、消費者の価格志向、少子高齢・人口減少社会――。
小売業の店舗は、これまで以上に厳しい環境に置かれています。
その中で、店舗を預かる店長は、消費者からの支持を獲得し勝ち残るためには、何をすればよいのかを考え、動いています。
では実際の勝ち残りに向けての施策とは何なのでしょうか?
『チェーンストアエイジ』誌2011年2月1日号の特集は、「敏腕店長奮闘記 10社のエース、かく闘えり!」です。
オオゼキ池上店(東京都)大貫久店長、ジョイス三関店(岩手県)加藤英明店長、メトロ多摩境店(東京都)谷澤英樹店長、サミットストア氷川台駅前店(東京都)竹内克昌店長、成城石井東京ドームラクーア店(東京都)島村隆一店長、サンシャイン カルディア(高知県)芝英高店長、近商ストア白庭台店(大阪府)藤原義信店長、アピタ黒部店(富山県)川北浩昭店長、パルティ・フジ藤原(愛媛県)古泉有浩店長、ゆめタウン博多(福岡県)重光伸二支配人の10人の店長の奮闘ぶりと成功ノウハウをレポートしています。
ぜひご一読くださいませ。
小売・サービス・流通業界がわかるビジネス情報サイト DFオンライン