今回の調査で注目したいのは、安全を支援する機能を装備した車が増えたことです。安全を支援する機能とは、例えば車線逸脱警告システム(レーンキープアシスト)、衝突回避/警告システム、死角モニタリング/警告システムなど。これらはミッドサイズとミニバンで装備率の増加が大きく、車の魅力度アップにもつながっていることがわかりました。さらに、ミッドサイズとミニバンではACENの魅力度が他のセグメントの車より上昇しています。

 安全支援機能やACENはITとの関連性が高いため、この結果は「コネクテッドカー」時代の到来を予兆するものといえるかもしれません。

車が通信機能を持つ
「コネクテッドカー」時代の到来

「コネクテッドカー」とは、車とインターネットなどのネットワークをつなぎ、様々な情報をリアルタイムでやり取りする車を指す言葉です。車が通信機能を持つことで、ユーザーはクラウド上にある交通情報や近隣店舗の情報などを車内でリアルタイムに入手することができます。また、車もセンサーなどを通じてスピードや路面状態に関するデータを入手するため、このデータを活用して、盗難防止や事故時の緊急連絡などに役立てることができます。