たとえ小さな「会社の歯車」でも
1つ欠ければ全体が動かない

 会社は、最初から失敗すると思っている人を、そのポストに就かせることはありません。

 異動させられる本人は、自分の希望や次の職場に求められる経験の有無と照らし合わせ、一喜一憂するかもしれません。しかし、会社としては、その任務を遂行する能力があると信じ、期待して決めているのです。

 ですから、安心して、置かれた場所で暴れてください。

 そうすることで、きっとあなたの新しい能力が開花するはずです。

 なかには「地方の支店に転勤になった」「希望していない部署に配属された」と悔しがる人もいるでしょう。しかし、考え直してみてください。

 あなたがそう思った部署にこそ、チャンスが転がっているかもしれません。組織が自分に何を求めてその部署に送ったのか──それを読み解いて結果を出せば、将来あなたが大きくステップアップするための近道かもしれないのです。

「会社の歯車になる」とは、あまりいい意味で使われない言葉かもしれませんが、機械を思い浮かべてみてください。

 たとえ小さな歯車でも、1つなくなったら全体が動かなくなるのです。

 むしろ、歯車にさえなれずに、組織の中でもがいている人が大勢います。

 与えられた場所で立派な歯車になれた人だけが、組織で輝くことができる――これが組織で働く際のまぎれもない事実です。

 しかも、そのチャンスは、誰に対しても平等に訪れているのです。ですから、現状の職場に納得できていない人は、自分に求められた仕事を見つめ直し、気持ちを切り替え、置かれた場所で安心して暴れてください。

【最強の言葉】
置かれた場所で、安心して暴れなさい──異動の心得