ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビッグデータで人事が変わる!Part 2

日本企業のピープルアナリティクス
日立製作所の新卒採用改革

北崎 茂 [PwCコンサルティング合同会社]
【第3回】 2017年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

人事部門を超えて
共創することが重要

北崎 取り組みにおいて一番苦労した点はどういったところでしょうか。

中村 どういうものを創りたいかという仮説はあったのですが、どこから手を付けるべきかわからなかったことですね。周囲にそれを伝えることも難しかったですし、社内で取り組んでいる人ももちろんいないので、他部門や社外を含め色々な方の助言をもらいながら進めていきました。

北崎 人事だけでがんばりすぎない、ということが大事になるのでしょうか。

中村 そうですね。時に人事は想いが先行してしまい、幹部に説明するためのデータを作ってしまうこともあると感じているのですが、経験値や勘で答を先に考えてしまうと見落としてしまうことも多いと思っています。実際に今回の分析では、人事部門の他に、データアナリティクス専門の部署からのサポートを得ながら進めていましたし、今後もピープルアナリティクスの強化を検討していますが、そのプロセスは人事に閉じないメンバーを集めて、色々なアイデアを取り込んでいきたいと思っています。

ピープルアナリティクスは
人事がビジネスパートナーになる
最後の機会

北崎 最後に、今後ピープルアナリティクスに取り組む企業に向けてメッセージをお願いします。

中村 個人的には、日本企業の人事は、現場からどんどんその必要性が弱まっているように感じています。こうした中で、ピープルアナリティクスは本当の意味で人事が経営者や現場のビジネスパートナー*になるチャンスだとも感じています。当社でもグループ会社に今回の取り組みを広げる動きをしており、現場に人事の価値を高めていくための武器として、うまくピープルアナリティクスを活用していきたいですし、他社の皆様の参考になるような試金石をうまく作っていけたらと思っています。

 ピープルアナリティクスは、我々人事がこれまで見ていたものとは異なる景色を見る絶好の機会だと思っています。まずはそれを楽しんでほしいと思います。

*ビジネスパートナー:事業部門が構築した人材ポートフォリオに対し、その人材の調達戦略(採用・育成・配置)を組み立てる、事業オーダーメイドの人事戦略機能

インタビュアー:PwCコンサルティング合同会社ディレクター 北崎 茂
共同執筆:PwCコンサルティング合同会社シニアアソシエイト 古川 琢郎

(出所)株式会社日立製作所 2016年度有価証券報告書

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

北崎 茂
[PwCコンサルティング合同会社]

PwCコンサルティング合同会社 ディレクター。慶応義塾大学理工学部卒業。外資系IT会社を経て現職。人事コンサルティング領域に関して15年以上の経験を持つ。組織設計、中期人事戦略策定、人事制度設計から人事システム構築まで、組織/人事領域に関して広範なプロジェクト経験を有する。ピープルアナリティクスの領域においては、国内の第一人者として日系から外資系にいたるまで様々なプロジェクト導入・セミナー講演・寄稿を含め、国内でも有数の実績を誇る。現在は、人事部門構造改革(HR Transformation)、人事情報分析サービス(People Analytics)におけるPwCアジア地域の日本責任者に従事している。HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)理事。

ビッグデータで人事が変わる!Part 2

「ピープルアナリティクス」という言葉が、人事の新たなキーワードとして大きな注目を集めつつある。これは簡単に言えば人事の領域におけるビックデータ分析を指す言葉である。この概念が企業の「人事の先進性」を指し示す新たな基軸となってきているのだ。

「ビッグデータで人事が変わる!Part 2」

⇒バックナンバー一覧