このように、一流のリーダーにとっての接待の場は、明らかに「ビジネスの場」なのです。相手を観察する最良の場といってもいいかもしれません。

 人には、「お酒に強い人」と「お酒に弱い人」がいます。一流のリーダーたちは、飲み会や接待の場で相手の「一挙手一投足」を見ていますから、「お酒に強い人」はその場を楽しめますが、逆に「お酒に弱い人」はどうしたらいいのか悩むことでしょう。

「お酒に弱い人」が接待を受けた場合
どうすればいいのか?

 私もお酒に弱い一人でした。ご参考までに、「お酒に弱い人」が接待を受けた場合、どうすればいいのかについてお伝えしましょう。

 大学生までの私は、まさに「お酒に弱い人」の典型でした。お酒の美味しさもわからず、なぜみんなはお酒がそんなに好きなのか理解ができないほど「お酒が飲めない人」でした。

 ところが、幸か不幸か新卒で入社した会社は「商社」。その当時の女性社員は「接待」に顔を出すことが日常的でした。

「接待」は「ビジネスの場」であるがゆえ、接待側はお客様に粗相があってはならず、限度を超えて「酔っ払う」ことも許されません。「接待」に関する研修もあるほど、「接待」は商社マンにとって重要な位置づけだったのです。

 接待するのが億劫だった最大の理由は、自分がお酒を飲める許容量がよくわからず、心配で仕方がなかったからです。

 さて、お酒の弱い私はどうしたのか。職場の先輩の勧めにより、たとえ時間がなくても、接待の前には必ず食べ物を口にしていました。そのため、オフィスの机の引き出しには、すぐに口にすることができるものばかり。また時間がある時には接待前に、会社の近くの蕎麦屋に行くこともありました。

 そして、いよいよ接待が始まります。お酒を酌み交わす時間がやって来ると、重要顧客である取引先の幹部からお酒を勧められることもありました。

 もしも、あなたがお酒に弱く、幹部から「このお酒は美味しいよ。せっかくだからあなたも飲みなさい」と言われたら、どう対応しますか?