これはハワード・D・セッソ氏らが約1万5000人の米国人男性医師を対象に8年間追跡調査したもので、疫学調査としてはかなり大規模。それだけ信頼性は高いということが言えます。

 試験は医師を「ビタミンC+ビタミンE摂取群」、「ビタミンE+ビタミンC偽薬摂取群」、「ビタミンC+ビタミンE偽薬摂取群」の3グループに分け、それぞれ毎日一定量を飲みつづけてもらいました。

 8年後に、実際の発症ケースをもとに分析したところ、ビタミンCもEも心筋梗塞などの心疾患や、脳卒中などの脳血管障害の抑制効果は見られなかったことが判明。さらに、Eを長期摂取しつづけた場合は脳卒中のリスクが1.74倍になることも明らかになったのです。

 Cは水溶性のため、とりすぎてもどんどん体外に排出されますが、脂溶性のEは体内に残りがち。そのへんも問題なのかもしれません。いずれにしても、やはり栄養摂取は食品からが基本。

「サプリを飲んでいるから大丈夫」という安易な発想は改めたほうがいいようです。

竹内有三(医療ジャーナリスト)