したがって、年に何度も海外旅行に出かけるとか、海外に家族や親族がいて送金することが度々あるとか、あるいは海外に移住する計画を持っているということであれば外貨を持っておくべきだが、そうでなければあまり意味はない。

 ところが、そうは言っても「1ドル70円台とか80円台といった円高の頃にドルを買っておけば儲かったではないか」という意見もあるだろう。もちろんそれはその通りではあるが、それは価格の変動に賭けた単なる為替の“投機”とあまり変わらない。

「為替レート」というのは、異なる通貨を交換する際の“比率”の話だから、基本的には“ゼロサムゲーム”であり、株式のように成長する会社の株をずっと保有し続けていれば、誰もが利益を得ることができるという性質のものではない。だから、市場参加者の利益と損失の総和は等しくなるのである。

 誤解のないように言っておくが、筆者は投機を否定するものではないし、それなりに意味はあると思っている。したがって、もし為替取引を投機として行うのであればそれはFXなどを使ってやった方が効率は良いかもしれない。

 もちろんレバレッジを掛ける分だけリスクが大きくなることは言うまでもないが、そもそも為替投機自体がリスクの高いものなのだから、FXを使ってレバレッジを掛けること自体には投機として一定の合理性がある。ただ、投機をするもしないも個人の自由であるから良いとか悪いと言うことではないが、投機は投資に比べるとその判断が難しいことは確かであろう。

海外の「高金利債券」も
妙味があるわけではない

 このように考えると、単に外貨を持つだけという外貨預金は資産運用としてあまり意味を持たないことが分かる。では海外の高金利債券はどうなのだろうか。

 現在の日本の低金利の状況を見ると、海外の高金利は魅力的に映る。だから金融機関によっては、「超低金利で、しかも少子高齢化で長期にわたって成長が期待できない日本ではなく、海外の高金利債券に投資しましょう」と言って勧誘してくることがあるが、これはあまり意味がない。いくら海外の高金利債券を持っていても、結局は国内の債券を持っているのと大差なくなることが多いからだ。この理由は以下の通りである。

 そもそも為替レートというのは異なる2国間の通貨の交換比率のことである。通貨の価値というのは、「そのお金でどれだけの品物が買えるか」、すなわち「購買力」であるから、為替レートは最終的に2国間で購買力が等しくなるよう調整されるという性質を持っている。