世の中の基準に惑わされない
「自分の基準」づくりが重要

 誰かからもらえる「いいね!」でしか自分を評価できない大人が、実際に奥田民生のように飄々と生きるにはどうすればいいのだろうか?

「自分なりの基準をつくっていくことですね。奥田民生さん的な脱力人生のすごいところは、周りの人がどう思うかではなく、服装、髪型、発言、生き方、すべてにおいて、自分でいいと思うものを素直に表現している。『いま世の中はこれがいいと思っている』に惑わされない。それがかっこいいオジサンになるために必要なことではないでしょうか」

 いずれにせよ、自分に並大抵の自信がなければ、奥田民生的な“力まないカッコイイ大人”を目指すことは至難の業といえそうだ。

 もっとも、奥田民生本人は直近のトーク番組で「マイペース、脱力系って言われるけど、全然違う。実際は大変なんですよ」と語っている。“奥田民生のような生き方”というロールモデルはただの幻想でしかなく、私たちが思っている以上に実現が難しいのかもしれない。