地デジ

 2018年もまだ始まったばかりだが、現在韓国で冬季五輪が開催中。テレビ観戦に夢中になっている人も多いだろう。今回の五輪には間に合わなかったが、年末の12月1日には大きなイベントが待っている。そう、4K・8K実用放送がスタートするのだ。

 これはBS(衛星放送)を使って行なわれる新しい放送のこと。本特集では、4K・8K放送のことや視聴のために必要な機材のことなどを詳しく解説していく。第1回目の今回は、4K・8K放送についての知識編だ。

知っておくこと その1:12月1日スタートの4K・8K放送の「4K・8K」とは解像度のこと

地デジ
解像度のイメージ図。画面サイズは関係ない

 まずは4K・8K放送の概要について説明していこう。4Kや8Kとは放送の映像解像度を示したもの。Kはおよそ1000の意味で、フルハイビジョンは1920×1020なのでおよそ2Kということになる。

 4Kは3840×2160、8Kは7680×4320解像度というわけだ。数字だと想像しにくいかもしれないが、4KはフルHDの画面がタテヨコに2つずつ並んだものと考えていい。

 4画面なので画面解像度は4倍。8Kは4Kがさらにタテヨコに2つずつ並ぶので、さらに4倍。つまり、8KはフルHDの16倍もの高解像度ということになる。

 このあたりの説明は、大画面テレビで普及が進んでいる4Kテレビの「4K」と同じ意味なので、すでに知っている人も少なくないだろう。次回で説明するがすでに8Kテレビも発売されている。

知っておくこと その2:すでに始まっている4K放送とはちょっと違う

地デジ
現在放送中の「スカパー! 4K」。プレミアムサービスチューナーが必要

 実は4K解像度の映像コンテンツは、すでにスタートしているサービスがある。放送はスカパー!の「スカパー!4K」。これは124/128度CS衛星を使った有料放送で、ここで試験放送が行なわれ、現在は実用放送に移行した。

 このほかには、「ひかりTV」や「NETFLIX」などのIPTVサービスで4Kコンテンツ配信があるし、4K映像を収録したパッケージメディアの「UHD Blu-ray」もある。

 いずれも基本的に有料だが、これからはじまる4K・8K放送は一部を除いて無料放送となる点が大きな違い。

 なお、ケーブルテレビ会社では、こうした4Kコンテンツ配信や衛星放送再送信をしているが、4K・8K放送の再送信も検討中となっている。

 4K・8K放送は、総務省が主導する4K・8Kコンテンツや映像機器の普及のためのロードマップに従ってスケジュールが組まれており、2018年の12月1日からスタートするというのは、2020年の東京五輪の普及を目標としているため。

 これまでの大きなスポーツイベントは、各地のパブリック・ビューイングで4Kや8K映像を見ることができたが、2020年には4K・8K放送で多くの家庭で4Kあるいは8K映像で楽しめることができるようになるというわけだ。

 案外ゆったりとしたスケジュールに感じるかもしれないが、4K・8K放送を見るには必要となる機材もあるので、多くの人が視聴のための環境を整えることを考えると1年ちょっとでは短いくらいだ。

 4K・8K放送に興味のある人は、12月からではなく、今のうちから準備を進めておくといいだろう。

知っておくこと その3:今BS/110度CSを見ている家庭でもアンテナ交換は必須

地デジ
地デジ
マスプロやDXアンテナでは右左旋円偏波対応のBS/110度CSアンテナを販売している

 4K・8K放送は現在でも放送が行なわれているBS/110度CSの衛星を使って放送される。

 しかし、チャンネル数が大幅に増えるので、衛星からの電波の送出が新しい方法が使われる。そのため、これまでのパラボラアンテナなどの受信設備では、一部の4K・8K放送は視聴できない。4K・8K放送に対応したアンテナやブースターといった機材が必要になる。

 ちなみに、こうした4K・8K放送対応のアンテナやブースター、接続ケーブルはすでに発売されている。対応機器は「4K・8K対応」という表示が付いているので、これを頼りに製品を選ぶといい。もちろん、アンテナを変えても従来のBS/110度CSは視聴できる。

 具体的な機材の詳細は次回紹介するとして、引越などで放送設備も更新するという人は、このあたりを頭に入れて置いて、今春に受信のための準備を進めよう。

 ちなみに、4K・8K放送で新しいBS/110度CSアンテナが必要になる理由だが、BSと110度CSで放送することのできるチャンネル数は今でもめいっぱいで、従来のアンテナのままではチャンネル数を増やすことができない。そこで採用されたのが、左旋円偏波による送受信だ。

地デジ
右旋円偏波/左旋円偏波のイメージ。点線部分が新たに加わる部分

 これまでのBS/110度CS放送は右旋円偏波で放送波を送受信している。簡単に言うと、放送のための電波は渦巻き状に螺旋のように飛んでくるが、渦巻きの方向が右周りというのが、右旋円偏波(右旋)だ。

 これに加えて逆回りの左旋円偏波(左旋)でも電波の送信を行なえば、理論上はチャンネル数を倍に増やせることになる。というわけで、左旋円偏波による送信が採用された。結果として、これを受信するために左旋円偏波の信号を受信できるアンテナを新たに使う必要があるのだ。

 理屈としては上述の通りだが、まあ、右旋や左旋のことを詳しく理解する必要はない。左旋対応のBS/110度CSアンテナは「4K・8K対応」のマークが付く。

地デジ
JEITAが認定している機器については「SHマーク」が付く

 4K・8K放送を受信できる規定を満たした製品には必ずマークが付くので、難しい理屈を覚えるよりも、「これから衛星アンテナ関連の製品を買うときは“4K・8K対応”のマークのものから選ぶ」と考えておけば間違いはない。

知っておくこと その4:地デジ放送は4K・8K放送にはならない

地デジ
地上波が見られなくなるわけではないので2011年の地上アナログ停波の時のような騒ぎにはならない

 地デジ放送は今もこれからもハイビジョン画質の放送のままで変更はない。勘違いされやすいが、4K・8K放送はBS/110度CSを使った新しい放送なので、地デジ放送はそのままだ。

 BS/110度CSについては、各放送の帯域が制限され、1920×1080で放送していた一部の放送局の解像度が1440×1080に下がる(NHKなどすでに実施済み)などの影響はあるが、既存の機材で2018年12月以降も放送を楽しめる。

 少なくとも、地上アナログ放送が地上デジタル放送に変わったときのように、すべての家庭でテレビやアンテナを買い換えないと放送が見られなくなってしまうということにはならないので安心してほしい。

 逆に言えば、4K・8K放送を見たいという人は、最低でも受信用のアンテナが必要になるし、当然ながら視聴するテレビも4Kテレビや8Kテレビなど、新たな機材が必要だ。

知っておくこと その5:4K・8K放送はどんなところが凄いのか?

テレビ解説特集
BT.2020の色域イメージ図

 4K・8K放送の大きな特徴は、やはり4K(3840×2160)や8K(7680×4320)の高解像度だ。しかし、それだけではない。

 高解像度化に合わせて、表示できる色域も拡大され、放送規格でいうと「BT.2020」という新しいものが採用される。これは、肉眼で識別することのできる色のほとんどをカバーできるという広色域規格だ。

4Kテレビ
HDR対応テレビ(左)と非対応テレビ(右)の比較。左の方が黒が締まって見える

 そしてもうひとつ、「HDR」(ハイ・ダイナミック・レンジ)という高輝度規格も採用される。

 地デジなどの今までの放送は明暗の表現の幅が最大100nit(輝度の単位)となっていた。しかし、人間の目はその100倍くらいの明暗の差を認識できるので、実際に見た映像とテレビなどで見る映像の明るさには大きな差があった。

 この差を可能な限りなくし、肉眼で見るのと変わらない明るさを表示できるようにするのがHDRだ。

 HDRでは、明暗の表現の幅は最大1万nitにまで拡大される。実際には、テレビの表示能力の問題もあり、1000~3000nitsほどの明るさが表現できるようになる。これでも十分にまぶしいほどの明るさが得られる。

 逆にリアル1万nitの光は直射日光のレベルで直視すれば眼を痛めることになるので、現実的には必要のないものだろう。

 こうした次世代の放送規格は、すでに4K動画配信サービスやUHD Blu-rayでも採用されており、BT.2020の広色域規格もHDRの高輝度映像も楽しめるし、現在発売されている4KテレビのほとんどはBT.2020やHDRに対応している。

 4K・8K放送自体にはあまり興味がない人もいるかもしれないが、少なくともこれからの映像コンテンツは、4Kあるいは8Kの高解像度、広色域、高輝度を備えた次世代規格となるので、テレビなどの買い換えでは、こうした次世代規格への対応を意識しておこう。

知っておくこと その6:4K・8K放送といっても、8K解像度で放送を行なうのはNHKのみ

 4K・8K放送も、すでに放送免許の割り当てが済んでおり、多くの放送事業者が12月1日の放送開始に向けて準備を進めている。

 それらの内訳を見ていくと、ほとんどの放送事業者が行なうのは4K放送ということがわかる。4K・8K放送のチャンネルにはまだ空きがあり、今後新規の放送事業者が増え、新しいチャンネルが加わる可能性はあるが、今のところ、8K放送を行なう予定となっているのはNHKのみだ。

 ここが悩ましいところで、1つだけのチャンネルのために8Kテレビを選ぶか、かなり買いやすい価格のモデルも出て来ている4Kテレビで十分と考えるかの選択になる。

 これについては、実際に4K・8K放送に対応したチューナーを内蔵した4Kまたは8Kテレビが発売されるようになってから検討しても遅くはないだろう。

知っておくこと その7:4K・8K放送では、番組の録画はできない?

地デジ
1月8日(現地時間)、米国で発表された4K・8Kの録画用BD規格ライセンス開始のリリース

 かつて放送事業者側から、次世代放送では放送の録画を禁止にしたいという要望が出て大きな話題になったことがある。そのことを覚えている人にとっては、録画ができるかどうかは重要なポイントだろう。

 結論から言うと、4K・8K放送でも録画自体が禁止ということにはならない。これは、今年のはじめに録画用BDで4K・8Kコンテンツを記録するための規格が決まったことなどでも明らか。

 すなわち、4K・8K放送用のチューナーを内蔵した薄型テレビならば録画ができるはずだし、外付けタイプの単体チューナーもUSB HDDなどを追加して録画する機能を持つと思われるし、BDレコーダーも4K・8K放送チューナーを内蔵した高級機が登場するだろう。基本的には現在とテレビ放送の録画については大きく変わることはないはずだ。

 ただし、放送側が著作権者側の意向などの理由で、番組ごとに個別に録画禁止などの設定をする可能性はある。

 たとえば、海外の映画コンテンツなどは録画禁止となる可能性が高い。録画禁止とはならなくても、コピーワンス(1回のみ録画可。孫ダビングは不可で他のメディアに移す場合はムーブとなる)などのルールが適用されることになるだろう。

 また、有料放送だけでなく、無料放送においても録画禁止の番組が出てくる可能性もある。

次回は具体的に必要になる機材を紹介

 ここまでで4K・8K放送の概要はおわかりいただけたと思う。次回は、放送を受信するために必要となる機器について紹介していく。