11
MWC開幕前夜にGalaxy S9がお披露目です

 サムスンは2月25日(現地時間)、スペイン・バルセロナで新製品発表会「Unpacked 2018」を開催し、「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」を発表しました。サムスン電子が事前に公開したティザー広告では「The Camera Reimagined」というキャッチコピーで新製品を大きくアピール。発表会でもカメラの機能アップに大きな注目が集まりました。

11
Galaxy S9とGalaxy S9+を発表するDJ Koh氏

ユーザーの声に応えた確実な進化点が多数
特にカメラは絞りに対応するなど、大きく進化

 発表会に登壇したサムスン電子のIT & Mobile Communication部門のヘッド及びプレジデントのDJ Koh氏は、スマートフォンの機能の中で最も重要なものはカメラになったと説明しました。

 たとえば2017年は1年間で1.2兆枚の写真が撮影され、さらに1日あたり10億の動画が送られ、さらには50億の絵文字がSNSやメッセージで使われたといいます。人々のコミュニケーションはビジュアルを使うものへと変化しています。Galaxy S9/Galaxy S9+はそんな「ビジュアルとSNSを多用するユーザー」を考え、カメラ機能を大幅にアップさせました。

11
スマートフォンを使ったコミュニケーションはビジュアルの利用へと変化
11
Galaxy S9は人々のコミュニケーションツールに応えるためのスマートフォン

画面の境界部分が見えにくい、さらに一体化されたデザイン
指紋センサーの位置を改善 顔認証と虹彩認証を融合

 続けてGalaxy S9/Galaxy S9+の進化点が1つずつ紹介されました。まずは18.5:9のインフィニティーディスプレイ。ベゼル面との境界が見えにくくなり、前面からみるとより一体感を増したデザインになっています。

 そしてセキュリティー面ではユーザーの要望の声を取り入れ、背面の指紋認証センサーはカメラの下の位置へと移動しました。さらには顔認証と虹彩認証を融合させ、屋外やマスクをしている時などあらゆるシーンでのロック解除を可能にしています。

11
一体感を増したインフィニティーディスプレイ
11
指紋認証センサーはカメラの下へ
11
顔認証と虹彩認証がシームレスに融合された

 最大の特徴といえるカメラの進化は、F1.5と明るいレンズを搭載。明るい場所ではF2.4へと自動的に切り替える、デュアルアパチャーを搭載することで、最適な写真を撮影することが可能です。

 絞りは機械的に動き、実際にカメラを見ると動く様子を確認することもできます。カメラのセンサーにはメモリーを搭載し複数の写真を合成することでよりノイズを押さえることも可能にしています。

 そして960fpsという超スローシャッター撮影にも対応。オブジェクトを自動認識して、撮影中に動きを感知すると自動的にスローモーション撮影をしてくれます。撮影したスローモーション動画にはBGMも付けられるため、SNSでのシェアで楽しめる動画を手軽に撮影できます。

11
F1.5とF2.4を切り替えられるデュアルアパチャー対応
11
発表会会場で実際に撮影した画像。かなり明るく撮れている
11
960fpsのスローモーション撮影も可能に

 カメラを使った便利な機能はこれだけではありません。「AR Emoji」はフロントカメラを使って自分の顔を撮影するだけで、自分の顔を使った動くスタンプを作ってくれます。自動的に18種類の表情のバリエーションも作成してくれるため、シチュエーションに応じたスタンプをSNSやメッセージで送信できます。

 さらにはAIアシスタント「Bixby」のカメラを使った機能であるBixby Visionも機能アップ。カメラを通して被写体に向けるだけで、外国語の自動翻訳、食品のカロリー表示なども可能です。

11
自分の顔を撮影するだけで動くスタンプを作成
11
18種類の表情のスタンプも自動作成してくれる
11
Bixby Visionも翻訳機能などが強化された

動画視聴派に応える改善!
横画面でのステレオサウンドにホームUI対応

 最後に説明されたハードウェアの進化は、これまでのモデルでも要望の声が聞かれたものです。スピーカーは本体下部とディスプレー上部の2つを使い、ステレオ再生に対応。ヘッドフォンをつけなくとも、フロント面から迫力あるサウンド再生が可能になりました。ドルビーアトモスにも対応しています。

 また映画を見ている時など本体を横方向にして利用するシーンが多くなりますが、ホーム画面も横向きの表示にようやく対応しました。そしてGalaxyを簡易PCとして利用できるドッキングステーションは新たに「DeX Pad」が登場。Galaxy S9/Galaxy S9+を横向きに装着し、ディスプレー面をタッチパッドやキーボードとして使うことができます。

11
2つのスピーカーを使いステレオ再生に対応
11
ホーム画面は横向きにも対応した
11
本体をタッチパッドやキーボードとして使えるDeX Pad

見た目的には大きな変化はないものの
中身は大きく進化している

 本体デザインはGalaxy S8/Galaxy S8+から大きく変わっていないものの、カメラの機能が大幅に高まり、セキュリティー周りの機能も大きく改善が進みました。中身はフルモデルチェンジしたとも言えるGalaxy S9/Galaxy S9+は、2018年のサムスンのフラッグシップモデルの名に恥じない最高の製品に仕上がっています。

11
2018年のフラッグシップモデルとして最高の仕上がりを見せる

■関連サイト