シリコンバレーに拠点を置くアップル、グーグル、フェイスブック、エアビーアンドビー、ウーバー……といった企業は、どうやって次々と大きなイノベーションを起こしているのか? 新刊『シリコンバレー式 最高のイノベーション』では、22ヵ国でスタートアップを支援するインキュベーター&アクセラレーター会社のCEOである著者が、シリコンバレーで起きているイノベーション成功の秘密を初公開! 小さなアイデアが大きな変革をもたらし、世の中を一変させるプロセスを、多くの実例を紹介しながら解き明かす。起業家、企業のオーナー、ビジネスパーソンを問わず、あらゆるビジネスに応用できるイノベーションのヒント。本連載では、その基本中の基本である「小さく、少なく始める」コツについて10回にわたって紹介していきたい。

おカネがありすぎると害になる

©Richard Zeiger
[著者]スティーブン・S・ホフマン
ファウンダーズ・スペース社代表、シリコンバレー業界団体組合議長、ニューメディア評議会理事、インタラクティブ・メディア・アカデミー創設者。カリフォルニア大学でコンピュータ工学の理系学位を取得した後、南カリフォルニア大学でシネマテレビジョン・プロダクション美術学修士号を取得する。その後、さまざまな業界や職種に携わり、シリコンバレーでベンチャーキャピタルによるスタートアップを数社起業した後、起業家や社内起業家の支援を目的にファウンダーズ・スペース社を設立。現在、世界22ヵ国に50を超えるパートナーを持つ世界的アクセラレーターである。
[訳者] 関 美和(せき・みわ)
翻訳家、杏林大学外国語学部准教授。慶應義塾大学卒業後、電通、スミス・バーニー勤務を経て、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経て、クレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。主な翻訳書に、『ハーバード式「超」効率仕事術』『ファンダム・レボリューション』(共に早川書房)、『シェア』『MAKERS』『ゼロ・トゥ・ワン』(いずれもNHK出版)、『Airbnb Story』『「おカネの天才」の育て方』(共に日経BP社)などがある。

かなりの金額を調達したばかりのスタートアップ創業者に、彼らのアイデアではうまくいかないと説得するのは至難の技だ。

カネがうなるほどある起業家は楽観的になりがちで、方向性が間違っていても耳を貸そうとしなくなる。

計画に基づいて資金を調達しているので、そのおカネが銀行口座にある今になって計画を変える必要も感じられない。

すべて起業家が悪いわけではない。投資家にも責任がある。

アイデアがうまくいくという証拠を求めずにおカネをつぎ込む投資家も多い。

事実より直感で決めている。

だが、それは怠惰というもので、投資家にも起業家にも損になる。

残念ながら、証明されたビジネスモデルよりも壮大な夢を売り込むほうが資金を調達しやすい。

アイデア段階なら将来性があるように見えても、ビジネスモデルの段階ではそれほどキラキラ輝いて見えないからだ。

〈ウェブバン〉はまさにそんなアイデアの1つだった。

世界一のオンライン食品スーパーを作り、生鮮食品を家庭に届けるというビジョンを持っていた。

1995年から2001年のドットコムバブルの時代で、アイデアはドンピシャだったが、悪魔は細かいところに潜んでいた。

現金を使い果たしたウェブバンは夢を諦めざるを得なかった。

皮肉なことに、10年後に同じ夢を追いかけるスタートアップが次々と現れ、アマゾンのような大企業もここに参入してきた。