『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第2回目は、岡田兵吾氏の「仕事圧縮術」です。

典型的な残業を強いるマネジャーから、変わった瞬間

岡田兵吾(おかだ・ひょうご)
マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー
大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。
 また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。
 ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。著書に、『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

 現在、マイクロソフトシンガポールでシニアマネジャーとして働いています。シンガポールで働くのは、今年で15年目。過去に、アクセンチュア、デロイトコンサルティングでも働いていました。

 今回の本は「スピード仕事術」にも見えますが、その先にはあるのは、「生産性の向上」「インパクトの出し方」など、グローバル、日本で働くに関わらず、仕事で成果を出す方法を紹介しています。

 マイクロソフトでは、本業のライセンス監査業務に加えて、CSRや組織・文化改革の責任者を担当し、社内で改革をすることによって、アワードももらいました。

 今、日本では、働き方改革が注目を浴びています。「生産性をあげていきたい」「長時間労働の問題などを解消していきたい」という人に向けて、私の働き方が役にたてばという思いで、『すべての仕事を3分で終わらせる』を執筆いたしました。

 外資系コンサルティング会社といえば、昇進していくか辞めていくか、早くて1週間、遅くても3週間で評価が決まる世界です。

 かくいう私は、「(夜中)2時にもう帰っちゃうの?」というようなことを言うマネジャーでした。当時の私の誇りは、2日間、徹夜できること。今考えると、絶対、自分の上司にしたくないマネジャーだったのです。

 グローバルのコンサルタントになってわかった世界共通で必要なことは、3つあります。

1.すぐに動く
2.期限を死んでも守る
3.常にインパクトを意識する

 これに加えて私が行なっていたのは、「24時間働き切る」ことです。昔、テレビCMでもありましたね。

 働きづくめの私がシンガポールに来てやっていた仕事は、アジア全域の業務システムを統合していくプロジェクトでした。特に日本の業務システムを海外に移管し、シンガポールからサポートするチームの立ち上げでした。このため、徹夜で働いていましたし、部下にも残業を強要していました。世界的にも私と同じような働き方だと思っていたのですが、マイクロソフトでは違っていました。