相手を取り巻く状況、
置かれている立場を観察してみる

本コラム著者・安田正氏の新刊が発売中

 まず、相手の「立場」をよく理解しようとすること。

 最初からいきなり「あの人はどう思っているのかな?」と相手の心情を想像しようとしても、できるものではありせん。

 まず、相手を取り巻く状況、置かれている立場を観察する。

 そのうえで、その状況、立場にあることによって、その人がどのような事情を抱えているのかを、想像してみるのです。

 たとえば──

「あの課長は、自分の他にも部下を○人抱えている。それに部長からも、課の成績について、管理職会議で厳しく追及されているみたいだ」

「あの部下は、最近、昇進して今のポジションについた。張り切っているけれども、同時に、ミスをしないか緊張しているようなところがある」

「あの人は、2ヵ月前に転職してウチに入ってきたばかり。まだ、仕事にも職場にも慣れない部分があるだろう」

 このように、相手の“背景”の部分に目を向けるのです。

 職場にいる誰もがそれぞれの背景、言葉にしづらい事情を抱えています。

 そんな「相手の立場」を踏まえたうえで「感情」に寄り添う。

 それができると、

「○○さんは今、こう感じているかもしれない。こうしてほしいかもしれない」

 と、相手の気持ちに自然に共感でき、仕事のうえでもスムーズに対処できるようになります。