提携を発表するネスレの高岡浩三社長(左)とアクサのニック・レーン社長
提携を発表するネスレの高岡浩三社長(左)とアクサ生命のニック・レーン社長。食品企業と保険会社の提携は世界初という Photo by Akira Yamamoto

「健康寿命」をキーワードにヘルス事業を着々と展開するネスレが、新たな施策に打って出る。

 ネスレ日本は28日、栄養素入りの抹茶カプセルの定期購入サービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」で、メッセージングアプリのLINEを通じ、食事写真の解析と栄養アドバイスを行う新たなサービスを発表した。

 食事を撮影した写真をLINE上で送信すると、メニュー内容を自動で解析して不足しがちな栄養素を割り出し、食事のアドバイスやウェルネスアンバサダーの商品の提案などを行う。食事診断サービスは無料で利用可能だ。

 ウェルネスアンバサダーは、専用のマシンで抽出する抹茶飲料の定期購入サービス。簡単な質問に答えることで、10種類以上ある様々な栄養素入りのカプセルから最適な商品が提案され、抹茶を楽しみながら足りない栄養を補うことができる。今回のLINEでのサービスでは、個々の栄養状況を細かく分析することで、よりパーソナライズ(個別化)された提案が可能となるという。

 だが、このサービスはネスレにとって、入り口に過ぎない。ネスレの真の野望、それはヘルスケアプラットホームという新たな枠組みの構築だ。