また、党国対から最低1問は加計学園問題についての質問を入れろと指示されていることもあるようなので、やらざるをえなくなって渋々質問している議員も少なくないわけだが、そればかりで、しかも延々と続くということになれば、野党は本気で政策論議をする気があるのだろうかとまで思われてしまう。

 国対から何を言われようと、我関せずで審議対象法案や委員会の所管政策について愚直に質問し、担当大臣から見事に答弁を引き出している議員も、もちろんいるのではあるが……。

実質的に与党の
補完勢力のようなもの

 与党側にとっては1日でも日程が飛べば法案成立に支障が出るどころか、重要法案の会期内成立が極めて困難になる可能性がある。さらに会期を延長すればと考えたいところだが、与党自民党にとっては総裁選という一大行事が目前に控えており、国会を会期内で閉じて早く総裁選に専念したいというのが本音だろう。

 なんといっても1年ほど前から断続的に続いている自民党内派閥間抗争の最終決戦という側面もあり、そうした与党内のパワーバランスを逆手にとれば、日程をめぐる駆け引きは、もって行き方によっては野党に有利に働くはずである。

 永田町で国政に関わる仕事をしていれば、少し考えればこの程度のことは思い浮かびそうなものだが、採決後等の事が決してから文句、失礼、抗議はするが与党側にズルズルと引っ張られているというのが現下の野党の実態である。これでは、望むと望まざるとにかかわらず、実質的に与党の補完勢力のようなものである。

立憲民主国対が
機能できていない

 こうした与野党間の協議は、実質的には与党の筆頭である自民党国対と野党の筆頭で行われ、合意がなされる。現在衆院の野党筆頭は立憲民主党(会派名としては立憲民主党・市民クラブ)である。

 もちろん、申し入れのようなものは野党の国対委員長や幹事長がそろって行う場合もある。