美味しい肉の焼き方にこだわりまくった渾身の書『焼肉の達人』の著者が贈る、美味しい焼肉の焼き方の提案、そして今焼肉業界で話題のHOT情報を、焼肉をこよなく愛する著者小関尚紀氏が届けるこの連載。第1回目は、誰もが悩んでしまう「肉を裏返すベストタイミングはいつなのか?」。焼肉愛好者、永遠のテーマに小関氏が明快に御応えします!!(撮影・榊智朗)

部位ごとの美味しい焼き方とは!?

焼肉で肉を黒焦げにした経験はありませんか?

 今は空前の焼き肉ブームです。しかも焼肉ブームは、稀に見る長期化していると言っても過言ではありません。生産者や焼肉店の努力で今、ほんとうに美味しい、素晴らしい牛肉を食べられるようになりました。昔のカルビ、ロースが主なメニュー構成だった時代と違って、細かく部位も提供されて楽しむことが出来るようになりました。例えば、同じカルビでもアバラ骨の外側の肉で、前脚に近いタテバラとヒレに近いカイノミでは食感、脂質、味の個性がまるで違います。同じカルビの部位でもこのように食べ比べることで焼肉の新しい魅力に触れる事も多くなったのが焼き肉ブームを支える要因の1つです。
 ただ、他の外食と違って、焼肉は自分で焼くことが多いにもかかわらず、ほとんどの読者は部位ごとの美味しい焼き方を学んだ機会がないことと思います。せっかく生産者や焼肉店の努力によって提供された素晴らしい肉が、黒焦げになったりしたら、とっても悲しいことだと思います。生産者や焼肉店さんも美味しく食べて欲しいはずです。ですので今回は、焼肉での焼き方のロジックをご紹介したいと思います。