ネット上で一方的に恨みを募らせ、ついには相手をメッタ刺しにして殺した「低能先生」事件。ネット上では「彼は異常だ」との声が溢れているが、人を罵ったり、怒りを爆発させて家族を殺したり虐待する人は増えている。そこには、日本人が克服できていない「病」があるのではないか。(ノンフィクションライター 窪田順生)

「低能先生」のような人は
ネット上には溢れている

他者攻撃癖のある人が起こす事件が増えている
他者を攻撃して優越感を持ちたい――そんな人はネット上はもちろん、現実社会にも大勢いる。そこには、個人の問題を超えて、「理想と現実」のギャップに苦しむ日本社会が抱える「病」があるのではないだろうか(写真はイメージです)

「ネット炎上」を長年ウォッチし続け、そこで得たノウハウを『ブログトラブル110番』として人々に説いていたHagex氏が、ネット空間で一方的に憎悪を抱かれた、見ず知らずの男から刺殺される――。そんな大変ショッキングな事件が起きた。

 事件を起こしたのは、無職の松本英光容疑者(42)。被害者がブログを開設していた「はてなブログ」のなかでは、不特定多数の人に「低能」「低能」と粘着的な誹謗中傷を続けることから、いつしか「低能先生」と呼ばれるようになった要注意人物であり、亡くなられた被害者も運営元への「通報」を呼びかけていた。

 その一方で容疑者は、九州大学文学部でイスラム文明を学んでいた時は、「地味で目立たず、真面目でおとなしい人」という同級生の人物評もあり、典型的な「ネット弁慶」(ネット上では傍若無人で攻撃的だが、現実社会ではおとなしい小心者である人)だった可能性が高い。

 実際、犯行後に匿名ブログ「はてな匿名ダイアリー」に投稿された、容疑者によるものと思しき犯行声明には「ネット弁慶卒業してきた」という「宣言」とともに以下のような、「はてなユーザー」への“恨み節”がつづられている。

《これが、どれだけ叩かれてもネットリンチをやめることがなく、俺と議論しておのれらの正当性を示すこともなく(まあネットリンチの正当化なんて無理だけどな)俺を「低能先生です」の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ》

 これを受けて、「闇が深すぎる」なんて驚きの声が聞かれるが、筆者の感想はちょっと違う。それは一言で言えば「やったことは異常だけど、頭の中はわりと普通のネット民だったんだな」というものだ。

 それこそ猛烈なネットリンチが始まってしまいそうなのであらかじめ断っておくが、容疑者を擁護したり、正当化したりというつもりは毛頭ない。ただ、自分のことを棚にあげて、他人の責任ばかりあげつらうパーソナリティは、この世界ではよく見かけると言いたいのだ。

 匿名であることをいいことに、「死ね」「日本語読めるか?」など現実社会ではありえないほど暴力的な言葉で他人をネチネチと攻撃して、それを咎められると逆上して、ああだこうだと理屈をこねて自分の正当性を主張する。それができないとさらに激しい攻撃性を見せる。そんな「低能先生」のような他者攻撃癖のある人は、今のネット上に溢れかえっていて、決して珍しくない存在ではないか。