SUBARU レヴォーグ 2.0STIスポーツ
SUBARUレヴォーグ2.0STIスポーツ・アイサイト STIスポーツはシャープな走りと上質な内外装を追求 ラインアップは2.0(300ps)と1.6(170ps)の2グレード構成 荷室容量は後席使用時522リットル ワゴンとしての使い勝手は高水準 価格:8CVT 405万円

ワンクラス上の見栄え
輸入車ユーザーまで視野に

 レヴォーグSTIスポーツは、走りだけでなく、デザイン、質感、快適性などに気を配ったプレミアムワゴン。輸入車ユーザーまで視野に収めている。

 上質な雰囲気は、外観を見ればすぐに伝わってくる。

 フロントは専用バンパーとグリルを装備(ともに一部をメッキ加飾)、フォグランプのLED化などで新鮮な印象になった。精悍性がグンと引き上げられている。

 サイドに回ると、切削加工されたダークグレー色の18インチホイールが、リアに回れば、専用の大型真円形マフラーカッターが、目に飛び込んでくる。メーカーが目指した“ワンクラス上の見栄え”という目標はクリアしている。

 インテリアもいい仕上がりだ。トリムのテーマカラーとして、華やかな雰囲気と落ち着き感の両面を備えたボルドーを選んでいるセンスが素敵だし、赤いステッチの使い方がきれいだ。深みのある赤を使ったルミネセントメーターもスペシャル感がある。この雰囲気ならプレミアムブランドの輸入ワゴンと比較検討するユーザーは多いに違いない。