ハリウッドデビューを果たした宮崎牛を気軽に味わう 宮崎牛専門店・牛匠[千歳烏山]

 今年の3月4日にロサンゼルスのハリウッドで第90回アカデミー賞の授賞式が行われました。その後に開かれるパーティーのメニューに採用されたのが宮崎牛でした。
 ついにハリウッドデビューを果たし、世界中のセレブリティが舌鼓を打ったわけです。
 その美味しくて美しい宮崎牛を東京で広めたいという一心から、霜降りの美しい(美サシ)部位に拘っているのが、宮崎牛専門店・牛匠
 しかも肉質等級5等級(BMS8-BMS12)のうちBMS10-BMS12のコザシ(脂肪粒子数)の宮崎牛を仕入れる拘りよう。上質な脂を溶かすようにさっと炙って、自家製醤油ダレか甘めの早川醤油(都城産)の山葵醤油につけて、ご飯の上に2バウンドさせてかっ込みたい。ご飯も勿論、都城産のヒノヒカリで、店主のご両親が生産したお米です。

 京王線千歳烏山駅、井の頭線三鷹台、久我山のどこの駅からも20分以上かかる住宅街にあり、隠れ家的な存在で、本当にあまり教えたくない焼肉店です。
 宮崎牛の話をしだすと止まらない、肉愛に満ち溢れた店主夫妻の暖かい人柄も心地よく、積雪量の多い霜降り肉と米のマリアージュをガッツリ食べたい時に訪れたい。ファミリーで、気軽に訪問したいお店です。

肉と脂が一瞬でトロける!【宮崎牛のたたき】
【特選カルビ(実は、ザブトン)】

 5年に一度の“和牛オリンピックでチャンピオンを輩出する宮崎牛”ですが、東京都内で食べられる専門店は意外に少ないのです。
 宮崎牛のサシの美しさと脂の甘みを是非、堪能して頂きたいです。

 特におススメは、特選カルビ(ザブトン)、特選リブロース、特選ヒレなど高級部位も食べられてお値打ちですよ。
 お財布に余裕があれば、宮崎牛のたたき、宮崎牛の大トロあぶり握り寿司も是非! 堪能していただきたいですね。

【大トロのあぶり握り】
【特選リブロース】
宮崎牛専門店・牛匠
[住所]東京都世田谷区北烏山7-30-32 北烏山ロータリーマンション 1F
[電話]03-6909-0029
[営業時間]17:00~22:30
[定休日]火曜日 その他不定休あり
[平均予算]5,000円~6,000円