「引っ越し」は、家賃増加以上の、大きなリターンが得られる

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

ただし、ひとつ問題がありました。「家賃」です。
美容室は一等地にありましたから、その近くに住むと、どうしても家賃が上がってしまいます。6万円だった家賃は、一気に9万円に上がりました。当時の給料は手取り12万円でしたから、なんと残り3万円です!

けれど、引っ越してすぐ、周囲の目が明らかに変わりました。
引っ越しをするまでは、「どうせ山下はすぐに逃げ出して辞めるだろうから、教えるだけ時間のムダ」と相手にされていなかったのですが、引っ越し後は、「仕事のために、そんな近所に引っ越したのか!」と、先輩たちが、本気で向き合ってくれるようになったのです。カット練習につき合ってくれたり、常連客を私に任せてくれたり、「へアショー」(ロサンゼルスで開催される世界大会)への出演を認めてくれるなど、技術や人間力を磨くチャンスをいただけるようになりました。

また、社長や先輩から、「山下は、自宅が会社の近所だから、23時45分まで飲んでも、24時に寝れるだろう!」と、仕事帰りに、誘っていただく機会が増えましたし、残金が3万円なのも、完全にバレていたので、おごってもらうことができました。

食事をしながら、社長をはじめ、店長や先輩たちが培ってきた経験についてうかがい、仕事のあり方を吸収することができたのです。
経営コンサルタントの大前研一さんは、「自分を変えるにはどうしたらいいか。私が昔から使っている簡単な方法が3つある。時間配分を変えること。住む場所を変えること。そして付き合う人を変えることである」(※1)と述べていますが、私の場合は、住む場所を変えただけで、時間の使い方が変わり、先輩との付き合い方が変わり、入ってくる情報の質が変わったのです。

9万円の家賃は、結果的に「とても安かった」と思います。もしあのまま「6万円のアパート」に住んでいたら、私は自分を変えることができず、美容師を辞めていたかもしれません。「通勤時間を減らすだけ」で年収が上がるのですから、通勤に30分以上かかっている人は、引っ越してみるのもひとつの方法です(理想は、10分以内の場所)。「引っ越し」は家賃の増加以上の、大きなリターンが得られる、強力な自己投資なのです。

(※1)【PRESIDENT Online】2016年1月20日「大前研一の日本のカラクリ」『大前流「自分を変革する」3つの方法』より引用