現在進行形は、「実際に『今』していること、一時的なこと」を表す

ニック・ウィリアムソン
オーストラリアのシドニー出身。 シドニー大学で心理学を専攻。同大学で3年間日本文学も勉強し、日本の文化にも明るい。在学中にオーストラリアの日本大使館が主催する全豪日本語弁論大会で優勝。日本の文部科学省の奨学金を得てシドニー大学卒業後、東京学芸大学に研究生として1年半在学。在学中にアルバイトとして英会話スクールで英語を教え始め、卒業後も看板講師として勤め上げる。英語講師として20年間のキャリアの中で、英会話教室をはじめ、企業向け英語研修や大学の講義、SKYPerfect TVの番組の司会やラジオのDJ、数々の雑誌のコラムや7冊の英語本の執筆など、活動の場は幅広い。ゼロから日本語を完璧に習得した経験と、大学で専攻していた神経心理学の知識をもとに、非常に効果的で効率的な独自の言語習得法を開発。著書に『たった40パターンで英会話!』『中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本』『中学レベルの英単語でネイティブとサクサク話せる本[会話力編]』(以上、ダイヤモンド社)『旅の英会話伝わるフレーズ集』(ナツメ社)など。

 現在進行形は、「実際に『今』していること、一時的なこと」を表します。

「be+-ing」で作られる現在進行形は、実際に「今」していることや一時的な動作を表します。使い方は以下の通りです。

 I’m working.(今、仕事中)

 I’m not working.(仕事中じゃないよ)

 Are you working?(今、仕事中ですか?)

 Where are you working?(今、どこで仕事をしていますか?)

例文1

 I go to the gym.(ジムに通っています)

「通っています」は「いつもの習慣」なので現在形を使います。日本語が「っています」だからといって、英語も「-ing」になるわけではないのです。

 I’m going to the gym.(ジムに向かっています)

「向かっています」は、まさに「今goしている最中」ですね。「今のこと」は現在進行形です。日本語は「普段のこと」も、「今のこと」も「っています」と言うことが多いのです。日本語に惑わされないためには、「普段のこと」か「今のこと」か、内容で判断しましょう。

例文2

 I wear glasses.(普段、メガネをかけています)

 これは現在形ですが、今メガネをかけていても、かけていなくてもこの文は使えます。このように、現在形は「今」しているかどうかは全く関係がありません。

 I’m wearing glasses.(今、メガネをかけています)

 この文は現在進行形なので、「今メガネをかけています」という意味です。いつもメガネをかけているかもしれないし、今だけかけているのかもしれません。現在進行形は「いつも」のことは関係なく、「今この瞬間」のことしか表しません。

例文3

 I work at home.(普段から家で仕事しています)

 この文は現在形なので「普段のこと」を言っています。今仕事中かどうか、今日、仕事をしているかどうかはわかりません。

 I’m working at home.(今日は家で仕事をしています)

 この文は現在進行形なので、「今」「今日」だけのことを言っています。普段はどうしているかには全く触れていません。

例文4

 I live in Shinjuku.(新宿に住んでいます)

 住まいは毎日変わらないので、「~に住んでいる」は「普段のこと」ですから現在形を使います。

 I’m staying in Shinjuku.(新宿に泊まっています)

「泊まっている」は一時的なことです。「一時的なこと」は現在進行形で言います。