転職を相談されたとき上司はどうすべきか
転職を相談されたとき上司はどうすべきか Photo:PIXTA

転職者の上司

 近年、転職がかつてほど特別なことではなくなった。読者の中にも転職経験者がおられようし、周囲に「出た人」「入ってきた人」の両方を含めて、転職した人がいる職場が多いに違いない。

 さて、この転職者に対して、論理的可能性としては「社長の転職」もあり得るので、全く同数というわけでもないが、ほぼ近い数の「転職者の上司」がいたことになる。

 転職がありふれたものになったということは、読者自らが「部下に転職したいと言われた上司」になる可能性が小さくないということだ。今回は、部下に「転職したい」と言われたとき、上司としてどう対応すべきかをまとめておきたい。

 筆者は、これまでに「転職する部下」になった経験の方が圧倒的に多いが(12回ある)、「部下に『転職したい』と言われた上司」になったこともある。両側からの経験を振り返りながら、体系的にまとめてみたい。

 筆者の思うに、上司が考えるべきポイントは4つある。