伊藤忠商事はアグレッシブな戦略で業界2位に上り詰めた
伊藤忠商事はアグレッシブな戦略で業界2位に上り詰めた Photo:Reuters/AFLO

長らく大手商社では4番手に位置していた伊藤忠商事は、“天才”岡藤正広・会長兼最高経営責任者(CEO)の経営手腕で、一時は首位の三菱商事を抜いてトップに、2017年度も純利益4000億円という最高益をたたき出して商社2位となっている。その秘密を探っていくと、いわゆる“ハゲタカファンド”さながらの金融手法を体内に採り入れ、アグレッシブに攻めていることが分かる。(ジャーナリスト 司 理)

英「ローラ アシュレイ」の権利買収
M&Aに積極的な伊藤忠

 伊藤忠商事は9月14日、英国のライフスタイルブランド「ローラ アシュレイ(LAURA ASHLEY)」の日本における独占輸入販売権と、マスターライセンス権を取得した。

「ローラアシュレイ」は、イオンが子会社を通じて1986年から百貨店やイオンモールなどのショップで販売してきた。ホームファニシングや、婦人服、雑貨まで幅広い商品をそろえ、花柄のファブリックが人気だった。