非常に高額なのに、最高競争率316倍!
いま、この日本で、宝くじのように当選するのが難しいサービスが存在することを、あなたはご存じだろうか?
JR九州。正式名「九州旅客鉄道株式会社」。名前だけ聞くと、旧態依然の鉄道会社のイメージを持つかもしれない。
だが、この会社の「あるサービス」がひそかに感動の輪を呼んでいる。
東京だけで暮らしているとわからない。でも、九州に行くと景色は一変する。
その名は、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」(以下、ななつ星)。いまや「世界一の豪華列車」と称され、高額にもかかわらず、2013年の運行開始以来、予約数が定員をはるかに上回る状態が続いている。なんと、DX(デラックス)スイート(7号車の最高客室)の過去最高競争率が316倍というから驚きだ。昨年11月の『日経MJ』には、「ブランド作りとは世界の王でも断る覚悟」と題して、そのフェアな抽選システムが新聞一面に紹介された。
だが、驚くべきは、「ななつ星」だけではない。
この会社、バリバリの鉄道会社なのに、売上の6割は鉄道以外の収入で、8年連続増収なのだ。
かつてこんな会社があっただろうか?
JR九州を率いるのは唐池恒二氏。8月27日、韓国と九州を結ぶ真っ赤な新型高速船「クイーンビートル」を2020年8月に就航すると発表。子どもから大人まで博多と釜山の優雅な旅を満喫できるという。さらに、7月には、中国・アリババグループとの戦略的資本提携を発表。2020年の東京オリンピックを控え、ますます九州が熱くなりそうだ。
記者は、この20年、数々の経営者を見てきたが、これほどスケールの大きい経営者はほとんど見たことがない。
1987年の国鉄分割民営化の会社スタート時は、JR北海道、JR四国とともに「三島(さんとう)JR」と称され、300億円の赤字。中央から完全に見放されていた。
それが今はどうだろう。高速船、外食、不動産、建設、農業、ホテル、流通、ドラッグストアなど売上の6割を鉄道以外の収入にして8年連続増収。37のグループ会社を率い、2016年に東証一部上場、2017年に黒字500億円を達成。今年3月1日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)でも、逆境と屈辱から這い上がってきた姿が紹介された。
今回、再現性のあるノウハウ、熱きマインド、破天荒なエピソードを一冊に凝縮した、唐池恒二氏の著書『感動経営』が、発売たちまち4刷。唐池氏に『感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得』にこめた思いを語っていただこう。(構成:寺田庸二)

プロ野球に見る企業の盛衰と30年

 企業30年説というものがある。
 企業には人間や動物と同じように寿命があるという。
 ひとつの企業が繁栄を謳歌(おうか)できるのは、せいぜい30年にすぎないという法則だ。

 この説自体も約30年前に唱えられたものだが、この法則はいまだに色褪(あ)せることなくひとの口にのぼる。

 プロ野球の歴史を見てみよう。
 プロ野球の球団の親会社の名前を過去にさかのぼって眺めてみると、企業30年説には確かにうなずけるものがある。

 セントラル・パシフィック両リーグのペナントレースがスタートしたのは1950年。
 いまからおよそ70年前のことだ。

 松竹ロビンス、大映スターズ、東映フライヤーズなど、映画会社の名前が幅を利かしている。映画が花形産業の時代だった。

  一方で、西鉄、阪急、近鉄、南海といった私鉄会社も、球団経営の主流をなしていた。そしてなんと、国鉄もスワローズのオーナーとして1965年まで名を連ねていた。
(はなはだ余談だが、私はいまも昔もホークスファンである)

 1960年代に入ると、日本映画界が斜陽となり球団名からも消えていく(東映フライヤーズのみ72年まで存続)。

 70年代には、西鉄ライオンズが太平洋クラブライオンズに、東映フライヤーズが日拓ホームフライヤーズに変わるということが起きた。