このように、A課長が「キャリアの棚卸」の考え方をAさんに示し、一緒に考えるという安心感を与えることにより、「本当に必要なするべきこと」が明確になる方向づけを行うことができました。

「現状を変えるいい機会」と
考えることが重要

 転職のハードルが低くなっている今、新卒一括採用が主流であった大企業でも中途採用者は少なくありません。また、新卒者が3年以内に離職する割合についての問題も、現場ではよく耳にします。

 今までのキャリア形成についての常識では、解決できないことが増える中、悩むのは悪いことではなく、「現状を変えるいい機会」だと捉えてみましょう。

 管理職の皆さんはその経験がなくても、是非、ともに学び経験するという気持ちで臨んでみましょう。それが自身のキャリア形成にも大きく役立つからです。

 これから迎える年末年始の時間を利用して、ぜひキャリアの棚卸をやってみることをお勧めいたします。