米セントルイス地区連銀のジェームズ・ブラード総裁は、米国経済について強気の見方を維持しているものの、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ路線を推進すればリセッション(景気後退)に陥る可能性があるとの警戒感を示した。8日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで語った。  ブラード氏は「今の政策金利は十分な水準だ」とした上で、追加利上げを実施する差し迫った必要性はないと主張。