今、中古マンションに熱い視線が注がれています。新築マンションの価格が高騰し過ぎて、手に届きにくくなっていることから、消費者の目がにわかに中古物件に向いているからです。1月16日に『マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!』(ダイヤモンド社)を上梓した著者の日下部理絵さんは、これまでに1000棟以上の物件を見てきたマンション管理のプロフェッショナル。日下部さんいわく、中古マンションは「値下がりしにくい価値ある物件」を選ぶのが賢い選択とのこと。では、どんな物件を選ぶのがいいのか? そのポイントをわかりやすく解説します。

価値ある中古マンションとは?

 マイホームは人生で一番高い買い物といわれます。

 当然、買うのと借りるのとどっちがお得なのか、と悩む人も少なくないでしょう。いつ来るかわからない大地震や転勤、はたまたリストラなど、購入することが大きなリスクにつながる可能性はあります。

 でも、マイホームを購入することで、老後の安心が手に入ると考えれば、購入への決断もむずかしくはないでしょう。

 その際に、私がいちばんにおすすめしたいのが価値ある中古マンションです。価値あるというのは、端的に言えば値下がりしにくマンションという意味です。

 新築ではなく中古に目を向けることで、資産価値に影響する立地や部屋の広さなどの選択肢も、ぐっと広がります。

 さらにマンションの管理状況などを見てから判断できるので、実際に住んだ場合のイメージもつかみやすいでしょう。これは、中古マンションの大きな魅力です。

 他にも中古マンションの魅力はたくさんあります。

 前回も簡単に述べましたが、改めて、一つひとつについて見ていきましょう。