月50GBというデータ容量を考えると、非常にオトクに感じるソフトバンク「ウルトラギガモンスター+」。さらにYouTubeやAbemaTVなど、主要動画配信サービスの通信量はカウントされないという魅力もある。

 実はこの「ウルトラギガモンスター+」、MVNOの格安SIMのように縛り無し、2年契約無しでも同等の費用で利用できるのだ。いろいろと制約があるものの、条件さえ合えば非常に便利な回線になりそうだ。

11
ソフトバンク契約で利用している「Pixel 3」。「ウルトラギガモンスター+」を手っ取り早く利用するのは、端末を購入してソフトバンクと契約する方法だが、SIM単体での契約も実は可能なのだ

50GB使うなら、ギガ単価が激安
さらには対応動画サイトも見放題

 「ウルトラギガモンスター+」の2年契約時での月額料金は8081円~。内訳は基本料として「通話基本プラン(ウェブ使用料込)」が1500円(2年契約)、パケット代が「データ定額 50GBプラス」の5980円で合計7480円に、ユニバーサルサービス料の2円を足し、消費税8%を加えるとこの金額となる。また最初の1年間は月1080円割引の「1年おトク割」が適用されて7001円となる。

11
動画を見ていると、通信量はどんどん増えていく

 さらに「SoftBank 光」など、対応の固定通信サービスを使っていれば「おうち割 光セット」により、やはり月1080円が割引(一部プランをのぞいて期間設定はない)。月額1000円台からの「Yahoo! BB ADSL」利用者でも同じく1080円引きになるほか、家族で加入している場合の割引もある。

 割引が無い場合は高額な料金にも感じるが、50GBという大容量が利用できるほか、前述したようにYouTubeやAmebaTV、TikTok、hulu、Instagram、Twitterなど、主要動画配信サービス/SNSについては通信量がカウントされない。つまり朝から夜までYouTubeを見まくっていても“ギガ”が減らないのだ。しかも、2019年4月分(ユーザーの請求締日ごとに期限が異なる)までは、利用する通信に関わらずに無制限となっている。

11
11
50GBという数字も壮観なものがあるが、現在はすべての通信でカウントされないキャンペーン期間中なので、この50GBも減らない

 なお他社で月50GBのサービスを使おうとすると金額は跳ね上がる。そもそも50GBというメニューを用意しているサービスは少なく、格安SIMの中でも比較的安価なイオンモバイルでさえ、音声通話付きSIM+月50GBで1万1666円だ。動画配信を利用するつもりならソフトバンクにはとても太刀打ちできない。

 また実際問題として、動画視聴以外にスマホ上で大量にデータを利用するものはあまりないはずだ。強いて言うなら写真をクラウドストレージにアップロードするくらいだろう。さらにソフトバンクは対応サービスをさらに増やしていくとしている。

 対応サービスの中で注目したのは「TVer」。テレビドラマの見逃し視聴に便利に使っている人も多いと思うが、データ量が比較的多めなうえ、モバイルのための通信費節約モードというのも用意されていないので、それがカウントされないのは非常に大きい。

11
月50GBの通信量を使い切るとなると、やはり動画視聴となるだろう。TVerはカウントフリーで、FODやU-NEXTはカウントされる非対応サービスだが、50GBもあれば余裕を感じる

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」を実体験
格安SIMと異なり、昼休みなどの混雑時間帯も快適

 今回はソフトバンク契約のAndroidスマートフォン「Google Pixel 3」を使ってさまざまな動画サービスや各種通信を試したが、「非常に快適」というのが正直な感想だ。

 テストしたのは昨年12月の大規模障害後なので、超時間使えないという事態はまだ経験していないが、同様の障害がもう起きないと想定するならば非常に快適なサービスと言えよう。ランチタイムの時間帯も格安SIMのような速度の落ち込みがなく、昼休みにTVerで見逃したドラマを見たり、別の動画を見るというのもスムーズだ。

 格安SIM代表として、UQ mobileとドコモネットワークのIIJmioのSIMが挿された端末を側に置いて比較したが、平日の12時40分前後でTVerが引っかからずに視聴できたのはソフトバンクとUQ mobileの2つ。IIJmioでは頻繁に停止して、とても楽しめる動画ではなかった。

 また、速度測定アプリでの数字も強い。電波の強さによって上下するが平日の午後では100Mbps越えを記録することもある。平日の12時45分でも下り62.4Mbpsを記録した。

11
速度測定アプリでは、50Mbps以上の速度がすぐ出てしまうので、むしろデータ消費に注意したいところ

 夕方から夜間の混雑時間帯もまったく変化を感じられない。昼休みほど極端に落ち込むわけではないので比較が難しいが、ドコモネットワークのIIJmioよりは反応が速い印象だ。

 PCから利用するには、月額540円のテザリングオプションが必要だが、前述したように4月分までは原則として使い放題。あまりに通信量が多い場合は制限が発生するようだが、キャンペーン中は便利に使い倒したいところだ。

11
テザリングオプションを申し込みしていないと警告が出る。オンラインで申し込みをしたらすぐ利用が可能になった

「USIM単体専用割」では、2年契約なしで
2年契約時と同レベルの負担で利用できる

 良質で大容量の回線というのはわかったものの、割引無し時の月額7001~8081円という月額料金自体は高額であることに変わりがない。そのため、利用スタイルが変わったらすぐに回線を解約したいという考えもありえる。そこで、2年契約無しでで割安に利用する方法を考えよう。

 新規加入に際して、ソフトバンクでスマートフォンを購入せず、端末を持ち込んで契約する「USIM単体専用割」という制度がある。24ヵ月間に渡って2年契約時とほぼ同じ料金に割り引かれるものだ。

 2年契約を前提にした通話定額なしの基本料金は、通話基本プラン(ウェブ使用料込)」で税抜月1500円だが、2年契約に入らないと本来は税抜月4200円に跳ね上がる。その場合でも「USIM単体専用割」では3000円引かれて税抜月1200円になる。なお、「USIM単体専用割」は2年契約での加入時は適用されない。

 「USIM単体専用割」が適用されると、4200円+5980円+2円-3000円に消費税8%が付いて7756円となる。この金額で2年間利用できる。なお、2年契約ではないので、最初の1年間に渡って月額1080円引く「1年おトク割」は適用外だ。

 そして注意すべきことはこの加入方法では、2年契約をしていないにも関わらず、1~3ヵ月目までの超短期解約の場合は解除料がかかてしまうことだ(https://www.softbank.jp/support/faq/view/10617)。解約に解除料がかからないのは4ヵ月目以降で、1ヵ月目から3ヵ月目までは解除料がかかる点は覚えておかねばならない。1ヵ月間だけの短期利用を見込んでいたら割高になってしまう。

SIMを自由に差し替えできない
ソフトバンクSIMならではの制限もいろいろ存在する

 「ウルトラギガモンスター+」はSIM単体で2年契約無しでもオトクに利用できることがわかったが、SIMと端末の組み合わせに制限がある点には注意が必要だ。具体的にはSIMフリー機での利用や「USIM単体専用割」の適用などだ。ドコモやMVNOの格安SIMに慣れ親しんだ人は特に注意してほしい。

 「USIM単体専用割」を使うには、端末を持ち込んで契約するわけだが、iPhoneやソフトバンクが販売したLTE対応のAndroidスマホはいいのだが、それ以外のSIMフリー機で契約する場合はSIMフリー機専用SIMが別に存在し、それがショップにないと開通できない。そしてこのSIMを在庫しているソフトバンクショップはあまりなく、取り寄せにも時間がかかる。

 また、SIMフリー機専用SIMで契約する場合、自宅がソフトバンクの光ファイバーやADSLなどを使っている際の割引、「おうち割 光セット」は適用されない。

 では、一旦iPhoneやソフトバンクのAndroidスマホで開通させて、あとからSIMフリー機に差し替えればいいと考えるかもしれないが、それも難しい。SIMの種類が違うことに加え、設定情報が公開されていないために単純にiPhone用やソフトバンクのAndroidスマホ用のSIMを挿入しても通信できないのだ。

 実際問題としては、本来非公開のiPhone用SIMの設定情報がネット上に出回っているが、公式の接続方法ではなく確実に利用できる保証はない。ソフトバンクのAndroid用SIMは設定情報を知る手段がなく、音声通話とSMSは利用できても肝心のデータ回線は利用できない。

 また、すでにiPhoneやソフトバンクのAndroid端末を利用中の回線で、公式な方法でSIMフリー機を利用したいとなった場合はさらに手続きに手間がかかる。

 ソフトバンクショップのなかでも、ソフトバンク自身が運営しているとなる特定店舗で手続きしないとSIMフリー機用SIMに交換してくれないのだ。都心部なら「ソフトバンク東京駅グランルーフフロント」やiPhone発売イベントが開催される「ソフトバンク銀座」や「ソフトバンク表参道」などが該当する。

 そのようなSIM交換は「持ち込み機種変更」という手続きとなり、3240円の費用がかかるうえに「おうち割 光セット」を利用していた人は、それが適用されなくなってしまうなどの制約がある。

 ここまで制約が厳しかったり、ソフトバンクならではの特典が除外されてしまうと、利用しずらいと感じる人が多そうだ。筆者自身、実際に契約に赴いたのだが、SIMの在庫がなくて即日できずにあきらめたり、割引の適用がなくなるなどの説明を受けた結果、SIMフリー機用SIMの発行を見送ってしまったほどだ。

それでも50GBの通信量を割安で使える唯一無二の存在

 いろいろな制約があるものの、「ウルトラギガモンスター+」は大容量のデータ通信が必要な人にとっては、料金面では他に選択肢のない唯一無二の存在であることに違いはない。たとえ割引が適用されない場合でも、月50GBに近い通信量ではMVNOの格安SIMよりも割安だ。

 もう発生はしないとは思うが、通信障害が気になるなら、SIMフリー機用SIMを発行してもらって2枚同時待受のできるDSDV機に挿入、ドコモかauのネットワークを利用するSIMと組み合わせるという方法もある。

 結局のところ、おすすめの利用法は、あまり難しい方法を考えずにソフトバンクが販売するスマートフォンを購入することだろう。可能ならば、そのスマートフォンは特価提供している店を探したい。

 現時点では使い切れないほどのデータ通信ができる「ウルトラギガモンスター+」。動画好きやクラウドストレージ活用派なら、注意点をふまえながら有効活用法を考えてみてほしい。