既存の学校の枠にとらわれない、新しいスタイルの高校が続々と誕生している。今回紹介するのは「Loohcs(ルークス)」。問題児大歓迎と銘打つ教育方針に注目が集まっている。

伊勢谷友介氏が発起人となり
学校のあり方をひっくり返す

発起人の伊勢谷友介氏(左)と斎木陽平氏
「問題児」「変わった子」とされる子どもたちの夢や才能を伸ばしたい。既存の学校にこそ問題があるのではないか、という問いかけがLoohcs(ルークス)の出発点にはある(発起人の伊勢谷友介氏と斎木陽平氏)

 斬新なスタイルの高校が続々と誕生している。2016年4月、カドカワグループが手掛ける、ネットと通信高校の制度を活用したN高等学校が開校。2018年10月には、ホリエモンこと堀江貴文氏が主宰する、「座学を目的とせず、実学を重視する」を掲げたゼロ高等学院が産声をあげた。

 そして今春、また1つユニークな高校が誕生する。俳優・実業家の伊勢谷友介氏と、AO入試専門塾「AO義塾」を立ち上げ運営してきた斎木陽平氏を発起人とするLoohcs(ルークス)だ。

「Loohcs」という校名は、「School」のつづりをひっくり返したもの。そこに、今までの教育や学校のあり方をひっくり返す新しい学校としての思いが込められている。

 同校が目指すのは、「問題児」「変わった子」とされている子どもたちが夢や才能を生かすために学び、輝ける高校だ。発起人代表でありLoohcs校長を務める斎木氏は、開校の趣旨をこう語る。

「世の中で『問題児』とされている子どもたちは、本当に問題児でしょうか? 私たちは、子ども自身に問題があるのではなく、既存の学校や教育システムのほうに問題があるのではないかと考えています。「右へならえ」の時代は終わりました。縛られることが嫌で、人と違う目で世界を見る子どもたちが、自分の夢と向き合い、才能を伸ばし、輝ける場所を作りたい。そんな強い思いでLoohcsを立ち上げました」

 普遍性と先端性をキーワードとしたカリキュラムには、従来の高校には見られないさまざまな特徴がある。