嫌われ役には「悪性」と「良性」が
見分けるポイントとは?

金田博之(かねだ・ひろゆき)/1975年山口県下関市生まれ。大学卒業後、グローバルに展開する外資系大手ソフトウェア企業SAPに入社。以来、入社1年目で社長賞受賞、29歳で副社長補佐、30歳で部長に着任、35歳で本部長に昇格。世界全社10万人のなかのハイパフォーマンス(上位2%) を挙げた人物に7年連続で選抜される。2007年、INSEAD大学でエグゼクティブMBAを卒業。現在はNASDAQに上場している外資系IT企業「ライブパーソン(LivePerson)」の日本法人代表として働く傍ら、勉強会を定期的に開催し、参加者は累計1000人を超える。現役のサラリーマンでありながら、これまで8冊の書籍を出版。プレジデント、ダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスアソシエなど各種メディア掲載実績多数。オフィシャルメルマガは2017年にまぐまぐ大賞を受賞。 メルマガ:金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道

 とはいえ、金田氏いわく、意図的に嫌われ役を買って出るような人は少数派で、実際に現場でよく目にするのは、“結果的に嫌われる上司”だという。ここで重要なのが、その上司がただ単に嫌われて当然な人物なのか、それとも付いていく価値のある人物なのかを見分けること。

「一度嫌な出来事があると、感情的に『こいつは嫌な上司だ』と思ってしまいがちですが、そこで終わらせてはいけません。その人がどうして嫌われているのかを冷静に判断するのは、デキるビジネスマンの能力のひとつ。頭に入れておいてほしいのは、嫌われ役には、2つのタイプがいるということです。分かりやすく言うならば、良性と悪性の嫌われ役です」

 悪性は、自分視点かつ、短期的な時間軸で物事を見る傾向が強い。良性はその逆で、相手視点かつ、長期的な時間軸で物事を考えるという特徴がある。悪性の嫌われ役上司は、長い時間関わると、どんどん悪い方向へと進んでいくが、良性の嫌われ役上司は、最終的には良い結果をもたらしてくれるのだ。

「悪性良性を判断するには、その上司の口調を思い出してみること。『俺の~』『俺が~』が常に主語に来るなら、その人は自分軸で物事を考えるタイプかもしれません。加えて、1ヵ月以内の目標を意識して動くような短期的な時間軸を持っているならば、付いていくべき上司ではないかも」

 一方、「あなたの~」「お客様の~」が主語に来る場合は、相手視点で物事を考えるタイプ。叱責しているときの口癖を思い出すと特に分かりやすい。

 なお、この判断基準は、そのまま自分にも当てはまる。

「あなたが部下を叱責するとき、主語は誰になっているでしょうか?もし『俺に迷惑をかけてくれるな』と自分軸で怒っているようなら、あなた自身が、部下にとって“ただの嫌われ役”になってしまっているかもしれません」