マイクロソフトが発表したホロレンズ2の試遊風景
マイクロソフトが発表したホロレンズ2は、空間に浮かぶCGに直接触れるような直感的な操作性が売りだ
Photo by Hiroyuki Oya

世界最大の通信関連展示会「MWC19バルセロナ」が現地時間の2月25~28日、スペイン・バルセロナで開催された。成熟したスマートフォン市場の次を見据え、米マイクロソフトが大胆な一手を打ってきた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之)

 空中に浮かんだ画面をつかみ、好きな位置へと動かせる。端をつまんで引っ張れば画面は拡大され、ボタンを押すことだってできる。

 2月24日、スペイン・バルセロナで開かれた米IT大手マイクロソフトの発表会。世界最大の通信関連展示会「MWC19バルセロナ」に合わせてマイクロソフトが披露したのは、の新機種「ホロレンズ2」である。

 ホロレンズはゴーグルのレンズ越しに、立体的なコンピューターグラフィックス(CG)を現実世界に重ねて表示する装置だ。マイクロソフトは自らの技術を拡張現実(AR)より高度なものと位置付けており、「複合現実(MR)」と呼んでいる。

 発表会にはサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)が自ら登壇し、「デジタルの世界と物理的な世界がつながることで、働き方や学習、遊びが変革する」と高らかに宣言した。