「論理に裏打ちされた戦略があってこそ、成功にたどりつける」――これがかつてのビジネスの常識だった。しかし「他者モードの戦略」は、いたるところで機能不全を起こしつつある。その背後で、いま、マーケットに強烈なインパクトを与えているのは、「根拠のない妄想・直感」を見事に手なずけた人たちだ。
そんななか、最新刊『直感と論理をつなぐ思考法――VISION DRIVEN』を著した佐宗邦威氏は、いま何を考えているのか? P&G、ソニーで活躍し、米国デザインスクールで学んだ最注目の「戦略デザイナー」が語る「感性ベースの思考法」の決定版!!

ビジョン思考を身につける2つの条件

「問題解決」はビジネスの基本だ。

しかし、それだけでは足りないものがある。それは、組織レベルではいわゆる「イノベーションの枯渇」として、個人レベルでは「言い知れぬモヤモヤ・停滞感」として発現する。

他方で、自分らしくいきいきと活動している人、ビジョナリーと呼ばれる人・企業は、意識的にかどうかは別として、必ず「妄想駆動の思考=ビジョン思考」にアクセスし、「自分モード」のスイッチを入れ直しているのだ。