「論理に裏打ちされた戦略があってこそ、成功にたどりつける」――これがかつてのビジネスの常識だった。しかし「他者モードの戦略」は、いたるところで機能不全を起こしつつある。その背後で、いま、マーケットに強烈なインパクトを与えているのは、「根拠のない妄想・直感」を見事に手なずけた人たちだ。
そんななか、最新刊『直感と論理をつなぐ思考法――VISION DRIVEN』を著した佐宗邦威氏は、いま何を考えているのか? P&G、ソニーで活躍し、米国デザインスクールで学んだ最注目の「戦略デザイナー」が語る「感性ベースの思考法」の決定版!!

現代人はむしろ「右脳」を育てやすい

「妄想」や「直感」を駆動力にして、具体的なアウトプットを生み出していく「ビジョン思考」という思考モードに注目が集まっている。

これを体得するには、ビジョン思考そのものを、誰にでも実践できる「メソッド」のかたちに落とし込むことが不可欠だ。個人の資質やスキルによって左右される方法は、そもそも継続が難しい。

他方、このような「右脳モード」と「左脳モード」を往復する性格を持った思考に対しては、どうしても身構えてしまう人も多いのではないだろうか?