これから大きく変化していくこの世の中において、従来の仕事はAI(人工知能)やロボットに代替されていく可能性があります。世界は今まさにイギリスで起きた産業革命、そしてインターネット革命以来の産業構造の大きな変革が起きようとしています。
そんな中、子どもたちが素晴らしい未来を切り開いていくためにはどうすればよいのか? 大人になってからの必須の力として世界的に注目されている「創造力」や「コミュニケーション力」、「セルフコントロール力」などの非認知スキルを、子どものころから磨くためにはどうしたらいいのでしょうか?
ダイヤモンド社から『脳科学的に正しい 一流の子育てQ&A』を上梓した脳科学者の西剛志さんが、最先端の研究から分かってきた驚くべき事実を紹介していきます。

「博学的な才能」に長けて
いるのかもしれません

西 剛志(にし・たけゆき)
脳科学者(工学博士)、分子生物学者。T&Rセルフイメージデザイン代表。LCA教育研究所顧問
1975年、宮崎県高千穂生まれ。東京工業大学大学院生命情報専攻修了。2002年に博士号を取得後、(一財)知的財産研究所に入所。2003年に特許庁に入庁。大学院非常勤講師を兼任しながら、遺伝子や脳内物質など最先端の仕事を手掛ける。その後、自身の夢を叶えてきたプロセスが心理学と脳科学の原理に基づくことに気づき、2008年に世界的にうまくいく人達の脳科学的なノウハウを企業や個人向けに提供する会社を設立。現在は脳科学を生かした子育ての研究も行い、大人から子どもまで、才能を伸ばす個人向けサービスから、幼稚園・保育所の先生/保育士/保護者向けの講演会、分析サービスなどで7000名以上をサポート。横浜を拠点として、全国に活動を広げている。

 講演会でも最も多くの質問を受けることの1つに、「うちの子どもはポケモンやキャラクターのカードで遊んでばかりいます。大丈夫でしょうか?」があります。ただ、子どもをよく観察してみると、どんなことに楽しさを感じているのかで、その子の才能が分かることがあります。

 特に、ポケモンなどのキャラクターの名前をたくさん知っている子どもは、ハーバード大学の研究で分かってきた博物学的知能(物事を分類するのがうまい能力)が高い可能性があります。

 子どもの中にはたった1つのキャラクターが大好きな子もいれば、たくさんのキャラクターを集めるのが大好きな子もいます。たくさんのカードを集めるのが好きな子どもは、キャラクター同士の共通点や違いを見極めるのが大好きです。この物事の共通点と相違点を区別するのが得意な能力を、『博物学的な才能』と呼んでいます

 例えば、植物や動物、恐竜の名前をよく知っている子どもがいますが、まさにこれが「博物学的な才能」です。鉄道好き、切手や人形などのコレクターもこの才能が高い傾向があります(大人の場合は、世界遺産が好きな人やワインのコレクター、ブランド品の鑑定が得意な人なども当てはまります)。

参考記事

幼児期に外国語を学ばせた
ほうがいいですか?