セクハラ重大化の背景に
男性側のメンタルヘルスの問題が

 個人の能力を伸ばす、この加点式の会話術は、セクハラトラブルを防ぐ役割も果たすのだという。

金田博之(かねだ・ひろゆき)/1975年山口県下関市生まれ。大学卒業後、グローバルに展開する外資系大手ソフトウェア企業SAPジャパンに入社。以来、入社1年目で社長賞受賞、29歳で副社長補佐、30歳で部長に着任、35歳で本部長に昇格。SAP全社10万人のなかのハイパフォーマンス(上位2%)を挙げた人物に7年連続で選抜される。2007年、INSEADでエグゼクティブMBAを卒業。日本の大手製造・流通企業ミスミでGMとしてグローバル新規事業を推進した後、現在はNASDAQに上場している外資系IT企業「ライブパーソン(LivePerson)」の日本法人代表。勉強会を定期的に開催し、参加者は累計1000人を超える。現役のサラリーマンでありながら、これまで8冊の書籍を出版。プレジデント、ダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスアソシエなど各種メディア掲載実績多数。オフィシャルメルマガは2017年・2018年それぞれまぐまぐ大賞を受賞。メルマガ:金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道

「セクハラ発言の多くは、『女性なのに◯◯できないのか』『女性だったらもっと◯◯のはず』というふうに、女性を下に見た発言が問題であることが多いような気がします。加点式の会話にするだけで、少なくとも無意識にしているセクハラ発言は防げると思います」

 昨今、セクハラに関するトラブル事例が絶えないが、デキるビジネスマンは、セクハラをどう捉えているのだろうか。

「セクハラトラブルと聞いて、どこかひとごとと思っている人は少なくないと思いますが、決してそんなことはありません。私の身近なところでも、大きなセクハラトラブルになったケースがあり、最終的には会社内では収まらない問題にまで発展しました。この出来事を通じ、セクハラによる大きな問題は、どの職場で起こるものだと感じました」

 セクハラの原因は様々あり、一概に当事者だけの問題と言い切ることはできない。セクハラが発生する環境について、金田氏はこう考える。

「私が知るセクハラトラブルの際は、問題を起こした男性社員に、仕事上の過度なプレッシャーがかかっていたという側面がありました。メンタルヘルスに支障をきたし、普通の人が突拍子もない行動に出てしまうこともあるのです。マネジメントを任される立場にある人間ならば、セクハラをしないことはもちろんのこと、セクハラをする人間を生まない環境づくりも1つの使命です」

 セクハラを生まない環境づくりとは、部下にこんこんと言い聞かせたり、ミーティングをするということではない。まずは、自分のマインドセットを変更することがスタートなのだ。