真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じていた。しかし、得度した際にお大師さまに祈って以来、霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。
このたび刊行された『神さま仏さまが教えてくれた 迷いをすっきり消す方法』では、そんな悟東氏のもとに時々寄せられる、悩みを抱える人からの相談に対して、ご神仏から授かった答えやメッセージの一部を紹介しつつ、ご神仏のメッセージは誰もが受け取れるものだと教えくれている。それを読むと、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせ、仏教をもっと知りたくなってしまうはず!
今回は『神さま仏さまが教えてくれた 迷いをすっきり消す方法』から一部を抜粋・再構成して紹介します。

受けた呪いは光に溶かす

悟東あすか
悟東あすか(ごとう・あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家
幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。
尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。
Photo by 松島和彦

「自分は誰かに呪われているんじゃないかと思うんです」
 いろいろな相談を受ける中で、こういうことを気軽に口にされるのは、女性に多いように感じます。

 一方、男性からの相談で多いのは、「うちの墓石が欠けているんです。先祖から呪われますか?」。

 これに対してお不動さまの答えはこうです。

「たとえ呪われているとしても、お前が日々なすことは何か変わるか?」
「お墓が気になるのなら、直せば?」

 呪われているかどうかにかかわらず、相談者が自分の現状をよくしたいという思いに変わりはありません。
 百歩譲って、その人が呪われているとしても、「現状をよくするために自分がやるべきことにさほど変わりはない」とお不動さまは言っているのです。

 しかし、経験上、呪いというものがまったくないとも言いきれないと私は思っています。
 ですから、もし自分が呪われているとしか思えない場合には、薬師如来さま(お薬師さま)に頼ることをおすすめします。