20190416blackshark
TAKUMI JAPAN代表取締役の増田薫氏

シャオミの液冷ゲーミングスマホ
「Black Shark2」が日本仕様で国内発売

 TAKUMI JAPANは4月16日から、中国シャオミが出資するスマホメーカー、Black Sharkのゲーミングスマホ「Black Shark2」の先行予約受付を開始した。価格は税込10万7870円で、先行予約期間中に予約した先着3000人にはコントローラーとボディーケース(1万5000円相当)がプレゼントされる。

20190416blackshark
20190416blackshark
「Black Shark2」
20190416blackshark
20190416blackshark
手に持つとやや重さを感じるが、ホールド性は良好

 Black Shark2は6.39型有機ELディスプレー(1080×2340ドット)を採用、CPUはSnapdragon 855でメモリー(RAM)12GB+ストレージ256GBというハイエンドスペック。また、多層液体冷却システムを搭載しているのが特徴。生体認証はディスプレー内指紋認証だ。

20190416blackshark
20190416blackshark
液体冷却システムはCPUや有機ELディスプレー付近だけでなく、充電回路付近にも独立したクーリングパイプを配置
20190416blackshark
「PUBG」を1時間プレイ後の端末温度分布。比較端末は中央のiPhone XS Maxと、右のGalaxy S10

 本体右側面にはゲームパフォーマンス向上のためRAMクリアを実行し、専用インターフェースが起動する「Shark Space」切り換えスイッチを配置。ボタンをスライドさせると即座にモードが切り替わる仕様。

20190416blackshark
右即面上のスライドスイッチが「Shark Space」切り換え用
20190416blackshark
スイッチをスライドさせると即座にゲーム専用インターフェースに切り替わる
20190416blackshark
USB Type-Cは底面に配置。4000mAhバッテリーは急速充電のQuick Charge 4.0対応
20190416blackshark
左側面にはボリュームボタンが
20190416blackshark
リアカメラは4in1の48メガ+12メガの組み合わせ
20190416blackshark
インカメラは20メガ
20190416blackshark
20190416blackshark
先行予約期間中に先着3000人の予約者にプレゼントされるコントローラーとボディーケース(1万5000円相当)
20190416blackshark
無線LANのアンテナはゲームプレイ中に電波が手で遮られることを考慮して本体6ヵ所に配置される

画面左右それぞれで感圧タッチ操作が可能
ディスプレー制御用チップセットも搭載

 6.39型の有機ELディスプレーは、タッチ操作への反応速度を高める240Hzのタッチレポートレート。また、ディスプレーにはモアレを抑える専用チップセットを搭載されている。「Master touch」機能は、画面左右2ヵ所で同時に感圧タッチ操作できるほか、操作位置などはユーザーが任意に設定できる。

20190416blackshark
有機ELディスプレーにはディスプレーにはモアレを抑える専用チップセットが搭載される
20190416blackshark
20190416blackshark
タッチ操作への反応を高める240Hzのタッチポートレート
20190416blackshark
20190416blackshark
画面左右それぞれで感圧タッチ操作が可能なほか、操作位置をユーザーが任意に設定できる、

 Black Shark2は外部ディスプレーや大画面テレビに接続して、映像出力とコントローラーで操作するコンソールモードも搭載。画面の配信範囲を選択できるPC接続時のゲーム配信機能も備える。

20190416blackshark
20190416blackshark
外部出力とコントローラーを利用したコンソールモードも搭載

 発表会にはBlack Shark Gloval VPのDavid Li氏が登壇。日本市場参入への意気込みを語った。

20190416blackshark
Black Shark Gloval VPのDavid Li氏

 なお、今回発売されるBlack Shark2は日本市場向けのカスタムモデルで、国内認証を取得してドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応する。価格は税込10万7870円で、KAZUNA eSHOPのほかビックカメラ、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpでも販売される。

20190416blackshark
日本に投入されるBlack Shark2は、日本市場向けのカスタムモデル
20190416blackshark
20190416blackshark

 発表会場には5G対応のホームルーターとモバイルルーターが参考展示されていた。いずれも2020年に発売予定だ。

20190416blackshark
参考展示されていた5G対応ホームルーターとモバイルルーター。増田氏は「できればSIMフリーも出していきたい」とコメント
20190416blackshark
翻訳機「KIZUNA eTalk5」はオンラインアップデートでアリペイ/Wechat PayのQR決済法人レジに対応