1

 LINEは4月16日、小説プラットフォーム「LINEノベル」のサービス開始を発表した。サービス開始は2019年夏からで、価格は無料(アイテム課金)。

1

 同社のLINEスタンプ、LINEマンガ、LINE MUSICに続く、新たなコンテンツ事業。近年は画像や動画などのコンテンツが増えているが、テキストベースのコンテンツの需要も多いとする。

1

 同社の取締役CSMOである舛田淳氏は「人が作り出す新しい物語・ストーリー、それを読んだ人の感情。書く人や読む人が文字を通じて、その時代を感じられるような『新しい文化』として成長させていきたい」と意気込む。

1

 新レーベルとして「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」を創設。出版社から提供される既存の作品だけではなく、原田マハ氏、中村航氏、鎌池和馬氏などの書き下ろし作品も読める。

 レーベル作品は、アプリ配信時に50作品の提供が決定しており、今後も作品は随時追加するという。2019年夏公開のラインナップは、LINE文庫がいぬじゅん氏の『願うなら、星と花火が降る夜に』、蝉川夏哉氏の『さくら堂骨董品店奇譚』、LINE文庫エッジは鎌池和馬氏の『魔導ハッカー〉〉暴け、魔法の脆弱性を』、アサウラ氏の『サバゲにGO! はじめてのサバイバルゲーム』。

 LINEノベルの統括編集長として『とある魔術の禁書目録』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』などのヒット作品を担当した編集者の三木一馬氏を迎える。

1
(左から順に)LINE執行役員の森啓氏、植野浩之氏、高山一実氏、高橋祐馬氏、三木一馬氏

 LINE、日本テレビ、アニプレックスの3社の協業で、文学賞「令和小説大賞」も開催。審査員は日本テレビのプロデューサーである植野浩之氏、アニプレックスのプロデューサーである高橋祐馬氏、三木一馬氏が務める。応募期間は4月16日から9月30日まで。

1

 「令和小説大賞 アンバサダー」には乃木坂46の高山一実氏が就任。高山氏はメンバー初の小説家デビュー作『トラペジウム』(KADOKAWA)が20万部を突破するなど話題を集めている。

1

 高山氏は自身の執筆体験を振り返り、「2年前の書く前の自分、そして書き始めたときの自分というものを、今回1作品書き終えて、見つめ直すことができました。そのときの自分よりも今の自分のほうが好きだっていうふうに自信を持って言えます。なので、皆さんにもご自身をもっと好きになっていただくためにも、今回大賞に応募していただきたいなと思います」とメッセージを送った。