ALT=ハリウッドで起きた赤狩り1950年代前半、アメリカの「赤狩り」がハリウッドを大混乱に陥れた時代を描いた作品です(写真はイメージです) Photo:PIXTA

【おとなの漫画評vol.20】
『赤狩り』
既刊4巻 2019年4月現在
山本おさむ 小学館

米の共産主義者を排除する策動
「赤狩り」を描いたドキュメンタリー漫画

 1950年代前半、アメリカの「赤狩り」がハリウッドを大混乱に陥れた時代を描いた作品である。英文で「THE RED RAT IN HOLLYWOOD」というサブタイトルが付いている。

 赤狩りは共産主義者を社会の枢要な地位から排除する右派の策動で、アメリカでは上院議員ジョセフ・マッカーシーが主導したことからマッカーシズムといわれた。もともと民主党系の国務省職員をターゲットにした弾圧だが、やがて映画産業に赤狩り旋風が吹き荒れることになる。

 アメリカの保守派である共和党は、反対勢力の民主党のリベラル派を追い落とすために1930年代から下院に非米活動委員会(HUAC)を組織し、摘発していた。戦後の米ソ冷戦が始まると、上院議員に当選したマッカーシーは政府活動委員会常設調査小委員会委員長に就任し、ほとんど思想警察の長官然としたこわもての権力者になっていった。大統領は民主党のトルーマンだったが、マッカーシーの権力行使を放任した。自分に「赤」のレッテルを貼られたくなかったからだといわれている。

 戦後のアメリカ共産党は党員10万人と、それなりの規模だったが赤狩りでほぼ壊滅した。赤狩りの対象は正規の党員だけではなく、元党員やその同調者も含まれるので、摘発する側が証人を呼び、「彼らは同調者だ」と名前を挙げさせて一網打尽にしてしまう。このような恐怖政治がスターリンのソ連ではなく、民主国家アメリカでも横行していたのだ。なお、ハリウッドで摘発していたのはHUACである。