銀河英雄伝説の魅力Photo:PIXTA

【おとなの漫画評 Vol.1】
『銀河英雄伝説』田中芳樹(原作)、藤崎竜(漫画)
既刊10巻 2018年7月現在(
集英社)

『銀河英雄伝説』は「週刊ヤングジャンプ」連載中で、単行本が続刊中の長編SF漫画である。原作は1982年に徳間書店から第1巻がノベルス判で発売された田中芳樹の小説だ。本編全10巻は1987年に完結している。

 物語は人類が銀河系のあちらこちらへ進出した未来のお話。皇帝が専制的な統治を行ない、貴族をはじめとする身分制度を敷く銀河帝国がすべての有人惑星を支配していた。しかし、やがて銀河帝国の支配を脱し、共和制を敷く自由惑星同盟が成立して敵対するようになる。

 議会制民主主義の共和派=自由惑星同盟が善人で、銀河帝国を支える貴族たちが悪漢かというと、そうでもない。正邪は時に入れ替わって複雑な物語が展開していく。この人間模様の面白さは原作者の手腕であろう。

妖しげな魅力を持つ美しき帝国の将軍と
読者に近い自由主義者の軍人が主人公

 銀河帝国対共和国軍の戦いといえば1977年から続くアメリカ映画の「スター・ウォーズ」(ジョージ・ルーカス監督)があるが、もともと銀河帝国の成立と崩壊を歴史書のように書いたのは、アイザック・アシモフの『銀河帝国の興亡』(3部作、東京創元文庫1968~70年)が最初だった。宇宙を背景とするこのような物語をスペース・オペラという。『銀河英雄伝説』も80年代に誕生したスペース・オペラである。

『銀河英雄伝説』の主人公は2人、銀河帝国の美少年将軍ラインハルト・フォン・ローエングラム、そして自由惑星同盟の青年将軍ヤン・ウェンリーである。この作品は80年代から漫画化やアニメ化が進んでいた。漫画も1990年代に道原かつみ(女性)の作画で全11巻が徳間書店から発売されている。筆者は道原版も読んでいたが、1年ほどで絵が格段に洗練されて驚いたものだ。というわけで、現在の藤崎竜版『銀河英雄伝説』は2度目の漫画化作品なのだ。