著者累計700万部突破のベストセラー作家で、『大富豪からの手紙』でも9万部突破の著者・本田健さんと、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、『年収1億円になる人の習慣』(現在8万5000部)の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。本田健さんが『大富豪からの手紙』で取り上げた「人生で大切にしたいテーマ」について、お2人に語り合っていただきました。

2ランク上の人からの誘いは断らない

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

本田:『年収1億円になる人の習慣』にも書かれていたように、山下さんは「2ランク上の人」とのご縁を大切にされている印象があります。
「1ランク上の人」は、直接の上司や、自分が尊敬する人。「2ランクの上の人」は、「1ランク上の人が尊敬する人」。

山下さん自身、すでにランクが高いのに、それでも貪欲に、「2ランク上の人」から学ぼうとされています。山下さんは若いときから、ランクが上の人から声が掛かったり、可愛がられるタイプだったのですか?

山下:いえ、ほとんど可愛がってもらえなかったですね(笑)。でも、ランクの上の人に引き上げてもらえなければ、成長も成功もできないから、自分から近寄っていくようにしたんです。
それも、苦手な人、近寄りたくない人、文句を言ってくる人にこそ、率先して近寄っていくようにしました。

私と同じレベルの人と一緒にいれば気は楽ですが、それでは成長につながりません。2ランク上の人に近寄っていくと、ときに厳しいお言葉をいただくので、居心地は悪いのですけど、そのほうが、自分にとって有意義な時間になります。

本田:よくわかります。私も日本では著者累計で700万部を突破していますが、ジョン・グレイさん(『ベスト・パートナーになるために』の著者)や、ジャック・キャンフィールドさん(『こころのチキンスープ』の著者)とお会いすると、自分が「まだ何者でもない」ことに気づかされます。

ジャック・キャンフィールドさんは、世界で3億部も本が売れているので、レベルが違います。
彼らと4〜5人で会食をしていると、「私みたいな若者が、ここにいていいのかなぁ」という思いが、いつもこみ上げてきます(笑)。

山下:本田さんでも、そのように思われるのですか?

本田:はい。でも私は、その状況に、自分からさらされに行くんです。なぜなら、その状況に耐えられる人でなければ、彼らと同じレベルには上がれないと思っているからです。

山下:そうですよね。私も、「こいつ、誰だっけ?」と思われても、近寄っていきますから(笑)。
「2ランク上の人」に可愛がってもらうためには、あえて「空気を読まない」で、図々しさを発揮することも、大切かもしれないですね。

本田:山下さんがおっしゃる「空気を読まない図々しさ」というは、持ち前のものですか?

山下:いえ。素の自分は、内気で無口で人見知りなので、役づくりをして、「図々しいキャラ」「可愛がられるキャラ」を演じていますね。

本田:私の著作の中に、「17のこと」というシリーズがあって、『10代にしておきたい17のこと』から、年代別に、『60代にしておきたい17のこと』まであります。
このシリーズを書くためにたくさんの方にインタビューをしたのですが、傾向としてわかったのは、「20代で勢いに乗った人の多くが、30代や40代に入ると息切れをしている」ことなんです。
けれど、山下さんは、まったく息切れをしていませんよね。天狗にもなっていません。

山下:それはおそらく、私のまわりに、自分よりもすごい方々がいるからです。「EARTH(アース)」の創業者である國分利治(こくぶん・としはる)をはじめ、2ランク上の人たちがたくさんいらっしゃるので、今の自分に満足することも、天狗になることもないのだと思います。