格安SIMと言えば、ほとんどがドコモ回線というのもすでに昔の話。au回線に加えて、昨年からはソフトバンク回線の格安SIMが本格的に登場。たとえば、mineoやLINEモバイルは、ドコモ/au/ソフトバンクと3つのネットワークのSIMを用意しているなど選択の自由度が高まっている。

11
選択肢もかなり広がったソフトバンク網を用いる格安SIM。ソフトバンク版のiPhoneに挿す以外の使い方もある

マイナーな端末にとって有利なソフトバンク回線のSIM

 ソフトバンク回線を選ぶ理由としては、一般にはソフトバンクが販売したスマートフォンが使えるという点があるのだが、ドコモと違ってSIMロックの範囲が複雑なうえ、ソフトバンクのマークがついたスマートフォンでも格安SIMで利用するにはSIMロック解除が必要なものがあったりと少々ややこしい。格安SIM事業者の対応端末情報などを見ると確認できるが、わかりやすいとは言いがたい。

 それよりもここで紹介したいメリットは対応バンドや通信方式の問題だ。ドコモとauのプラチナバンドでの周波数(バンド18または19)は世界的に見ればマイナー。海外メーカーのスマートフォンでは対応しているとは限らない。しかも、auネットワークでの音声通話の利用にはau VoLTE対応も必要だ。

 ソフトバンクのネットワークならば、プラチナバンドはバンド8(900MHz帯)で世界的にも対応している機種が多い。日本国内向けに対応周波数帯を変更せずに導入するスマートフォンもあるため、プラチナバンドを利用するならソフトバンクネットワークにするしかないというケースがある。

 具体的な例を挙げると、手のひらサイズで話題の「Palm Phone」がある。ドコモのプラチナバンドであるバンド19には対応していないものの、3GやLTEで共通のバンド1(2.1GHz帯)には対応するため、ドコモ系SIMで使えないわけではない。ただし、エリア面で不利になる。しかし、同機でもバンド8には対応している。

11
ドコモやauが提供しているプラチナバンドに対応していないスマホの場合、ソフトバンク網を用いるSIMの方が有利に働くケースがある

 日本向けにネットワーク対応を最適化せずに導入できることもあって、Palm Phone以外にも(国内で提供されているプラチナバンドでは)バンド8しか対応しない端末はこれまでにもあり、今後もマイナー機種やキワモノ機種を中心に同様のケースが発生する可能性が高い。

ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶ際の注意点

 ソフトバンク回線の格安SIMといえば、MVNOではmineo、LINEモバイル、nuroモバイル、b-mobile、QTモバイルなどが、さらにサブブランドのY!moileもある。

 注意する点は、利用する回線によって料金やサービスが変わるケースがあること。たとえば、3キャリア体制を最初に導入したmineoの場合、au回線の音声通話付きSIMの3GBプラン料金は月額1510円であるのに対して、ソフトバンク回線では1950円と1.3倍だ。nuroモバイルやQTモバイルも、ソフトバンク回線は高い料金設定がなされている。

11
mineoの場合はデータ通信もそうだが、音声SIMを利用する場合にソフトバンクはやや高めの料金設定になっている

 一方で、LINEモバイルのようにドコモ/au/ソフトバンクで料金が共通のサービスもある。b-mobileはプランによって対応ネットワークが異なるため一概には言えないが、ドコモ回線と同額のものもある。

 サービス内容も同一ではない。ネットワーク側の留守番電話はソフトバンク回線には必ずついているのだが、ドコモ回線は別途有料のオプションとなる。

 こうしたマルチキャリアのSIMを、ドコモ回線での月額料金を確認して、ソフトバンク回線で申し込んだら割高な料金だったり、あてにしていたサービスが提供されないというケースも考えられるので、内容をよくチェックしてから契約したい。

 また、SIMロックがかかったソフトバンク端末を使う場合は、同じソフトバンクでもSIMの種類が複数あり、iPhone用/Android用などから適切なものを申し込まないと使えないことになる。SIMロックを解除した端末やSIMフリー機ならあまり問題にならないはずだが、格安SIM事業者の対応表で確認しておくことを強くおすすめしておきたい。

標準でついてくることが多い留守番電話に注意

 また実際に利用するうえで注意したい点がもう1つある。前述のようにドコモ回線の格安SIMでは留守番電話は原則有料のオプションなのだが、ソフトバンク回線やau回線の場合、留守番電話のオプションが無料でついていて、最初からオンになっているケースがある。

11
LINEモバイル+ソフトバンク回線では留守番電話の基本機能は無料で利用できる。これが無条件でメリットがあるわけではないので注意が必要

 現在ではキャリア側が用意する留守番電話を使わない人も多いだろう。電話が通じないならメールやSMS、SNSなどで用件をすませてしまうからだ。なのに留守番電話機能があると、かけてきた相手は通話料がかかり、自分も留守番電話を聞くためにやはり通話料がかかる。また、知らない間に留守番電話にメッセージが溜まってしまうことも考えられる。

 ソフトバンクネットワークを開通したときは必ず留守番電話の状態を確認しておくべきだが、ソフトバンクでは留守番電話の停止は1410なのだが、格安SIMの場合は違うことがある。LINEモバイルの場合、専用番号に電話してプッシュボタン操作をする必要がある。

 ソフトバンクのスマートフォンで使うことが前提と考えられることも多いソフトバンク回線の格安SIMだが、一部のスマートフォンで使う場合に便利なことがあることもわかった。

 また、フェイルセーフのためにドコモ/au/ソフトバンクと3つのネットワークの回線を維持しておきたい人にも有益。mineo、LINEモバイル、nuroモバイル、b-mobile、QTモバイルなど、ソフトバンク回線の格安SIMを1度活用してみてほしい。