「そろそろ、ジュエリーを買ってみよう!」と思っても、高額で服のように気軽に買いかえることができないジュエリーに対して、私たちの経験は圧倒的に不足しています。ですから、いざ「何か欲しいな」と思っても、何を買っていいのか、どこで買えばいいのか、そもそも、どこにどうつければいいのかもわからない!という方は、多いと思います。そこで、ジュエリーディレクター・スタイリストとして大活躍中の伊藤美佐季さんに、著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中から初心者でも失敗しないジュエリー選びについて教えていただきました。

ジュエリーがあれば、いざというときも気後れしない

急に、週末のパーティに誘われた。突然、先輩の代わりにレセプションに出席することになった……。

Photo by 成尾和見(SEPT)

こんな思いがけない「ハレ」がやってきたとき、まず気になるのは装いのこと。でも、クローゼットからドレスを引っ張り出したら、いつの間にかデザインが古びていたり、サイズが変わって着られなかったり。長く保管している間に、素材が劣化してしまうことさえあります。これらは、洋服の宿命といえるでしょう。

でも、ベーシックで上質なジュエリーは、いつどんなときも心強い味方。

たとえば、普段は仕事用にしているネイビーのワンピースも、そこにパールのネックレスを合わせれば、華やかなパーティにも臆せず足を運べる装いに早変わり。また、仕事帰りでくすみが気になるときも、耳元にきらめくダイヤモンドのピアスを着ければ、顔まわりがぱっと明るく華やぎます。

もちろん、ジュエリーはきちんとケアしていれば、長く持っていても劣化することはありません。何より、「これを着けているから大丈夫」と思わせてくれるのは、手軽なアクセサリーではなく、ファインジュエリーならでは。心に自信と余裕を持っていると、立ち居振る舞いから素敵に見えてくるものです。