チャイナ・エイドで、訪問介護の展示(福寿康のブース)
チャイナ・エイドで、訪問介護の展示(福寿康のブース) Photo by Takeshi Yamamoto

中国の巨大な介護・高齢者市場には、日本の企業も相次いで参入している。介護は生活に密接し、極めて属人的な要素が強いサービス分野。日本の介護、日本企業が本当に成功できるのか。上海市で開催された中国最大級の介護ビジネス展示会、現地の介護関係者らを取材してみた。(ダイヤモンド編集部 山本猛嗣)

中国最大級の介護・福祉展示会が
注目される理由

 6月11日、中国・上海市――。「とにかく広い展示会場」として世界的に知られる上海新国際博覧中心の展示ホールのゲートが開くと、待ち受けていた大勢の人々がドッと流れ込み、会場内はあっという間に人混みであふれた。その展示会は「CHINA AID(チャイナ・エイド)」。

チャイナ・エイドの展示場内
多くの人で賑わうチャイナ・エイドの展示場内 

 まるで「チャリティー・コンサート」を想像させる名称だが、もちろん違う。日本語表記では「中国国際福祉機器展」(上海市民政局主催、上海国展展覧中心有限公司運営)。年に1度、開催される中国最大級の介護・福祉関係の展示会である。

 中国政府が力を入れる成長産業といえば、IT産業や自動車産業などが有名だ。しかし目立たないが、有力視されている産業がある。それが「養老産業」といわれる介護・高齢者向け産業である。

チャイナ・エイドの展示会場入り口
チャイナ・エイドの展示会場入り口 

 現在、中国は長年続いた「一人っ子政策」の反動により、猛烈な勢いで少子高齢者化が進んでいる。2018年末、中国の60歳以上の高齢者人口は2億4900万人を超え、2050年前後には5億人規模に達すると見込まれている。その市場規模は、試算する行政機関やシンクタンクによってさまざまだが、現在の潜在的規模で80兆~150兆円、20~30年後には300兆~500兆円規模と予測されている(ちなみに、日本の人口は約1億3000万人、うち65歳以上の高齢者は約3500万人)。

日本で介護用ベッドのシェアが高いパラマウントベッドは中国では超高級品
日本で介護用ベッドのシェアが高いパラマウントベッドは中国では超高級品として人気 Photo by T.Y.

 チャイナ・エイドは、現在、中国の介護ビジネス関係者の間では、「絶対に視察すべき展示会」といわれる。その理由は、2つ。

 1つは多くの有力な介護ビジネス関係者が一堂に会するため、「最新の情報交換が可能」であるということ。もう1つは、年々、目まぐるしく変わる介護ビジネス環境の中で、「毎年、展示内容や話題のテーマを見れば、大きな流れや方向性がわかる」(日系企業の出展者)からだ。