中国にとって国内の個人消費だけでは、米国との貿易摩擦による打撃を乗り越えて経済を支えるには不十分であることを示す証拠が増えてきている。