「後継者がいないから」「経営が苦しいから」「将来性がないから」と、
会社をたたむしかないと思っている経営者は少なくありません。

しかし、赤字であっても、売上がほとんどなくても、
買い手が見つかることは多々あります。それも高い価格で。
従業員の雇用の確保など、好条件で。

今、企業を売り買いするM&A市場は大活況です。
売り手側にとって有利な時代であるにもかかわらず、
悪条件でだまされて安く買い叩かれたり、
不利な条件で会社を手放したりといった不幸な案件も増えています。

『あなたの会社は高く売れます』の著者が、
なぜこのような問題が起こっているのかを解説します。
(編集/和田史子)

あなたの会社は高く売れます
「会社をたたむしかない」と思っている中小企業の経営者は多いが、M&Aによって従業員の雇用を守り、会社や事業を存続させることができるかもしれない。さらにいえば、赤字であったり業界が右肩下がりであっても、高く売れる可能性すらあるのだ。

企業を売り買いするM&A市場は
空前の売り手市場

アドバンストアイ株式会社
代表取締役社長 岡本行生氏
岡本行生(おかもと・ゆきお)
アドバンストアイ株式会社 代表取締役社長
1968年香川県生まれ。東京大学理学部情報科学科卒、ペンシルバニア大学ウォートンスクールMBA(アントレプレナリアル・マネジメント兼ファイナンス専攻)。 野村證券株式会社を経て、アドバンストアイ株式会社を設立。 「会社の売却は生涯一度きり。中小企業にこそ、大手企業と対等に渡り合えるM&Aアドバイザリーサービスを」との思いから、両手仲介に脇目も振らず、助言一筋20年。引き継がれる事業の成長を何より大切に思い、取り組んでいる。たった一人のベンチャー企業から従業員が数百名の中堅企業、ときには数千名の大手企業まで、あらゆる規模のM&Aを手がけてきた。売上ゼロの技術ベンチャーや地方の老舗中堅製造業と世界的企業とのM&A、全国最下位の自動車販売会社が世界第1位に成長するまでの戦略的M&Aなど、到底不可能だと思われる案件も実現させた。公益財団法人日本生産性本部の講師として、中小企業診断士、金融機関やシンクタンクの事業承継担当者に対する中小企業のM&A研修も担う。 主な著書に『あなたの会社は高く売れます』『いざとなったら会社は売ろう!』『中小企業のM&A 交渉戦略』(ともにダイヤモンド社)、『事業承継M&A「磨き上げ」のポイント』(共著・経済法令研究会)がある。

 この記事を読んでくださるすべての方に、お伝えしたいことが2つあります。

 1つめは、「あなたの会社は売れます」ということです。
「たたむしかない」と考えている会社にも、思わぬ買い手が現れることがよくあります。
 ご存じのとおり、今、企業を売り買いするM&A市場は大活況です。
 企業はもちろんですが、最近では、効率的に事業や販路を拡大したいと思っている中小企業やベンチャー企業も、「魅力的な会社、いい会社があったらすぐにでも買いたい」と思って探し回っています。
 ところが、M&A市場の活況の裏で、ある問題が急増しています。
 これはお伝えしたいことの2つめ、「本来、売り手企業にとって有利に働くはずが、悪徳業者にだまされて安く買い叩かれたり、アドバイザー企業の知識不足などから不利な条件で大切な会社を手放したり、という不幸なM&Aが急増している」という事実です。

M&Aアドバイザーの
営業トークに注意

「思い立ったが吉日です。社長が急に病気になってからでは遅いのです」
「安心してください。円満に短期間で解決します!」
 このような営業トークを信じてしまったがゆえに、ありえない結末、あってはならない結末を迎えるケースが後を絶ちません。
たとえば……

・本当は2億円で売れる会社を5000万円で手放してしまった
・ライバル会社にだけは売りたくなかったのに、買い手企業がさらに高い値をつけてライバル企業に自分の会社を売り飛ばしてしまった
・従業員の雇用だけは守ると約束したのに、全員リストラされてしまった
・買い手企業側にメリットがないM&Aを仲介会社が強引に行い、結局、倒産してしまった(共倒れ)

 こうした現実に、私は強い憤りと怒りを覚えています。